FC2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

飲料レビュー マツモトキヨシ「EX STRONG ZERO ENERGY DRINK」

 今回もヤクブツの話。以前マツモトキヨシPBの真っ青なエナジードリンクを紹介しましたが、今回はほかのPB品を買ってみましたので、それを紹介します。

マツモトキヨシ EX STRONG ZERO ENERGY DRINK マツモトキヨシ EX STRONG ZERO ENERGY DRINK 原料

 今回のものは「ZERO」ということで、カロリーゼロのエナジードリンクです。カロリーゼロのものはモンスターエナジーにもありますが、こういうのを飲む人ってカロリー気にする人、いるのでしょうか?どうなんでしょうかね。ちなみにカフェインが65mgなのは以前紹介したものと同じですが、ほかの成分がアルギニンではなく、カルニチン35mg、イソロイシン5.1mg、アスパラギン酸1.2mgとなっています。これらがメインで書かれているエナジードリンクって、今までなかった気がします。イソロイシンと聞くと、駆け巡る鷲巣の脳内物質を思い出す・・・ロン!ロン!ロンロン!ロン!ロン!ロ~ン!

マツモトキヨシ EX STRONG ZERO ENERGY DRINK 色

 んで、注いでみたらこんな色。紫系のものは紫キャベツで色づけすることが多いのですが、今回のものは着色料でつけているみたいなので、少し暗めの色になっています。毒々しいなぁ(笑)。こんな色ですが、味については以前のものとは異なり、割かし普通のエナジードリンクの味でした。ちなみに今回は舌の色が紫にはあまりなりませんでしたね。

 さて、次は何色が出てくるかな・・・
スポンサーサイト



  1. 2020/11/22(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

駅前モニュメント763 JR太市駅 太市駅設置紀念碑&筍と灯篭の小像

 今回は兵庫県姫路市にある、JR姫新線太市駅前のモニュメントを紹介します。何年か前の年末に行ったときに撮影したものです。

JR太市駅 太市駅設置紀念碑 JR太市駅 太市駅設置紀念碑 裏

 まずは駐輪場に設置されているこちらの石碑。タイトルは「太市駅設置紀念碑」ですので、ありがちな駅を開設したときに設置されたものです。設置年月日の記述はありませんでしたが、開業日が1931年(昭和6年)12月23日なので、それくらいの時期に設置されたものなのでしょう。そろそろ開業から90周年くらいになるんですね。ちなみに当時の鉄道大臣である原脩次郎氏がタイトルを記述。裏面には太市駅設置同盟会顧問の名前があり、「外務省参興官代議士 田中武雄」と「専光寺住職 是川惠玉」と書かれています。専光寺は今も近くにあるお寺なのでわかりますが、前者の方は地元から出馬した議員の方でしょうか?

JR太市駅 筍と灯篭の小像

 次は駅前のJAの前なのですが・・・やたらと小さな銅像があります。

JR太市駅 灯篭の小像

 片方は石灯篭・・・だと思うのですが、火を入れるところがありません。これでは灯篭としては使えないですね(笑)

JR太市駅 筍の小像

 次は筍の像ですが、こちらは大きめのものと小さめのものが1つずつあります。地面の部分が少しコンクリート質になっているのが残念ではありますが、銅の茶色が筍の皮をうまい具合に表現しており、遠めから見たら本物と見違えてしまうかもしれないくらいでした。ちなみに私は筍は・・・水煮にしてあるのしか買いません(笑)アク取りとかできんって!
  1. 2020/11/15(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー210 富士菊「焼きあごだしうどん」

 加須じゃないけどうどんの話。乾麺のうどんって茹でるのに時間かかりますよね。生めんのうどんをサッとゆでて食べたいのですが、生めんのうどんは日持ちしない。九州に行けばこんな常温保存できるロングライフうどんがあるのですが、都内ではあまり見かけません。以前某業務系スーパーで都一のうどんが売られていたのですが、1回買っただけでなくなってしまいました。そんなわけで・・・

富士菊 焼きあごだしうどん 富士菊 焼きあごだしうどん 原材料

 九州から取り寄せました(笑)。しかも福岡県豊前市のふるさと納税の返礼品として、箱買いしています。製造元は富士菊という会社で、同社ホームページによれば今回のこの商品は新商品とのこと。ちなみに私はこのメーカーを知らなかったのですが、豊前市の三毛門にある会社のようです。三毛門といえば、かぼちゃの街として有名なところでしたね。

 ちなみに今回のうどんはあごだしとのことですが、あごとはトビウオのことです。関東圏だとかつおだしとか昆布だしとかが多いですが、最近はあごだし系も増えてきたような、そんな気もします。今回はだしの味を確認したいので、いつもなら肉とか入れるのですが、具は野菜オンリーにしてみようと思います。

富士菊 焼きあごだしうどん 調理例

 調理例はこんな感じ。スープの色は西日本なので関東のうどんとは違い薄めです。だしの味は、かつおだしほど癖はないので、比較的あっさりした仕上がりになっています。ロングライフうどんって麺が固くなることが多いのですが、これは柔らかめでもちもちした食感が楽しめるので、良い感じですね。

 それにしても、コロナ騒動はいつ収まるのでしょうか。あぁ~九州旅したいな~・・・行けるようになるのはいつになるやら・・・
  1. 2020/11/08(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅前モニュメント762 東武加須駅 鯉幟掲揚塔&「和」 他

 今回は埼玉県加須市の東武伊勢崎線加須駅前のモニュメントを紹介します。訪問したのは2年前です。うどんの街ですが、うどん目的の訪問じゃなかったんで、うどんは出てきません。

東武加須駅 鯉幟掲揚塔 東武加須駅 鯉幟掲揚塔 説明

 まずは北口ロータリーにある名物のこちらから。加須市はこいのぼりの生産数量が日本一の街です。そんなこともあり、ここの駅前は国旗掲揚塔ならぬ、”鯉幟掲揚塔”が設置されています。こいのぼりは5月に掲揚されるものですが、ここのものは一年中掲揚されています。ちなみに設置は1984年(昭和59年)の3月とのこと。

東武加須駅 駅前広場石碑

 鯉幟掲揚塔の横には駅前広場設置を記念する石碑が設置されていたのですが、それによればこの石碑が設置されたのが1983年(昭和58年)5月ということがわかります。つまり、先ほどの掲揚塔は駅前広場が竣工して1年以内に設置されたことがわかりますね。ちなみにここはもともと牛乳店、病院、パチンコ店があったようですが、他所に移転してもらってロータリーが整備されたとのこと。協力者のところには、「朝日タクシー、加須タクシー、東武鉄道」と、タクシー会社がメインで書かれていますが、確かにこの駅はタクシーの客待ちが多いです。というかこのロータリー、南口ロータリーができて鴻巣駅行きが一部南口のみ発着になったことや、大越馬場行きのバスがなくなったことなどから、バスの乗り入れが減ったんですよね(と言っても大越馬場行きはもともと1日5本くらいしかありませんでしたけど・・・)

東武加須駅 和 東武加須駅 和 裏

 次は女の子が2人手をつなぎ、空気椅子みたいな体勢になっている銅像です。これも随分前から設置されているものですが、タイトルは「和」で、作者は2004年(平成16年)に95歳で亡くなられるまで加須市に住んでいた、彫刻家の法元六郎氏とのことです。設置も「83.4」と書かれていますから、先ほどの石碑の文面からわかる通り、ロータリーが出来た当初から設置されていることがわかりますね。

東武加須駅 三日月形の時計台

 次は三日月のような形の時計台。こちらはタイトルなどの記述がありませんでしたが、ロータリークラブの紋章がありますので、加須ロータリークラブが設置したものなのでしょう。ちなみにこれもずいぶん昔からありますが、設置年は不明です。少なくとも、駅ビル「かぞマイン」のファミリーマート(旧・サンクス)がマクドナルドだった頃には既にありました(笑)。そういえばこの辺りって、その時代コンビニがなかったような記憶があります。個人商店みたいなものはありましたが・・・それが今では、加須市内にはセコマまでありますからねぇ・・・時代は変わったものです。

東武加須駅 名称不明モニュメント

 次は赤い石でできた球体の上にステンレス製の兜みたいなものを乗せたモニュメントです。タイトルや作者などの記述はなく詳細は不明ですが、個人的にはこいのぼりが端午の節句に飾られるということで、兜をかぶった子供を表現しているようにも見えます。

東武加須駅 加須駅南口駅前広場など竣工記念碑 東武加須駅 加須駅南口駅前広場など竣工記念碑 

 ところ変わって南口。こちらは昔は民家が並んでいたのですが、いつの間にやらロータリーが出来、バスが乗り入れるようになっていました。少なくとも、準急A・準急Bがあり、浅草から伊勢崎まで準急で乗り通せていた頃にはまだロータリーはありませんでした。そんなところではありますが、何時整備されたかは石碑があったのですぐにわかりました。加須駅南口駅前広場、加須駅騎西線、駅南通り線の竣工記念碑があり、「平成21年4月12日」と明記されていました。ちなみに協力者名が裏面に記載されていましたが、もともとここに家を持たれていた方もいらっしゃるのでしょうね。

東武加須駅 加須ライオンズクラブ結成30周年記念時計台 東武加須駅 加須ライオンズクラブ結成30周年記念時計台石碑

 そして最後は石碑があったので撮影しておきました。加須ライオンズクラブ結成30周年記念時計台とそれを示す石碑です。こちらも2009年(平成21年)に設置されたもののようなので、ロータリー整備と同時に設置されたものと思われます。たまたまそんなタイミングで30周年を迎えるのかな・・・と思ったら、チャーターナイト(認証式)が1980年みたいなので、まあまあタイミングは合っていたみたいですね。
  1. 2020/11/01(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅前モニュメント761 秋田内陸縦貫鉄道阿仁前田駅 木彫り熊像&「光の森吉」 他

 夏に行った場所の話です・・・昨年ですけども。ということで今回は秋田県北秋田市にある、秋田内陸縦貫鉄道阿仁前田駅前のモニュメントを紹介します。ちなみにこの駅は温泉施設が併設されており、私はそれ目的でここを訪問したのでした。

秋田内陸縦貫鉄道阿仁前田駅 木彫り熊像

 まずは・・・常設かどうかはわからないのですが、入り口を出てすぐの場所にあったこちらの木像。軸は熊なのですが・・・なんだかいろいろと周りが騒がしくなっています。熊の前にいるのは、どちらも秋田内陸縦貫鉄道の公式キャラクターで、気動車の方が”ないりっくん”、帽子をかぶったクマが”じゅうべぇ”です。私はないりっくんは知っていたのですが、じゅうべぇは知りませんでした・・・というか、これHTBの昔のキャラクターもん太くんくん太くんにえらく似ているのですが、気のせいでしょうか?そして熊の上にいるのが森吉山に生息するキツツキ科のクマゲラと、口の形から推測するに、阿仁川に生息する鮭でしょうか?なんだかこの駅にまつわるあらゆるものを1つにギュッとまとめているような、そんな木像のように思えます。

秋田内陸縦貫鉄道阿仁前田駅 光の森吉

 次は確実に常設のモニュメント。「光の森吉」というステンレス製のモニュメントです。表面にステッカーのようなものでデザインされていますが、その種類も色落ちしているようなものだったりそうでなかったりと、意匠性があります。ちなみに作者は地元秋田県で活躍されている林美光(びこう)氏とのこと。この方は同じく秋田県にある、三種町のJR奥羽本線鹿渡駅の「縄文の輝き」の作者として以前紹介しております。本来は「金銀銅杢目金(きんぎんどうもくめがね)」という工芸を主としている方ですが、今回のモニュメントは随分と現代アートっぽさがあるように思えます。

秋田内陸縦貫鉄道阿仁前田駅 駅前商店会による森吉山のモニュメント

 次は駅舎(温泉)の1階にある駐車場に設置されている、木造のモニュメントというか看板というか、微妙なところのもの。地元の駅前商店会が制作したもののようですが、森吉山の玄関であることをPRしています。こちらにも先ほどの木像と同じく、クマゲラが彫られていますね。ちなみにこれの後ろにあるのは・・・太鼓?お祭りでもあったのでしょうか?そういえば今年は盆踊りなども中止が多かったですからねぇ・・・厳しい世の中になりました。
  1. 2020/10/25(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食いもんレビュー209 宮島醤油 「ビーフカレー 中辛」

 今回はカレーのお話。

宮島醤油 ビーフカレー 中辛

 パッケージにひかれて買ってしまいましたが、お値段は近くのドンキホーテで100円くらいという品。中辛のビーフカレーなのですが、メーカーロゴとして「Miyajima」と書かれています。

宮島醤油 ビーフカレー 中辛 原材料

 会社名は「宮島醤油株式会社」という会社ですが、宇都宮の工場で製造しているようです。ただし、同社のホームページの会社紹介を見ると、どうやら佐賀県唐津市に本社があるようです。九州で売られている「ばら」って書かれた醤油のメーカーのようですね。

宮島醤油 ビーフカレー 中辛 調理例

 調理方法は普通に湯煎するだけです。お皿に入れたらこんな感じ。真ん中の方にある黒っぽいのが牛肉です。味についてですが、普通のカレーよりもなんか少し懐かしいような味がします。和風・・・というと、カレーうどんみたいな味を想定してしまいますが、それとは違い洋風のカレーという点は変わりません。醤油屋さんのカレーなので、醤油を入れているようですが、それが影響しているのでしょうか?気になる方はドンキホーテで買える・・・かも。
  1. 2020/10/18(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント760 JR南多摩駅 稲城なしのすけ時計台&ヤッターワン像 他

 今回は東京都稲城市にある、JR南武線南多摩駅前のモニュメントを紹介します。ここはもともと地上駅でしたが、2013年に高架化が完了し、その後モニュメントが設置されるようになっています。なお、モニュメントは新設された北口側にそろっています。

JR南多摩駅 稲城なしのすけ時計台 JR南多摩駅 稲城なしのすけ時計台 説明

 まずは・・・・・・どこかで見たことがあるようなこいつ。2つ隣の矢野口駅にもありました、稲城市のゆるキャラ「稲城なしのすけ」の時計台です。矢野口駅のものは座り込んでいたポーズでしたが、こちらは・・・伸脚運動でもしているのでしょうか?右足を伸ばしたポーズをとっています。なお、こちらも矢野口駅同様「国際ソロプチミスト稲城」という団体から寄贈されたもののようですが、こちらには説明書きがしっかりと用意されていました。それによればこのキャラクターは、地元出身・在住のメカニックデザイナーで、「ヤッターマン」や「機動戦士ガンダム」のメカニックデザイナーである大河原邦男氏と、マルチクリエイターの井上ジェット氏の共同制作によって作られたのだとか。

JR南多摩駅 ヤッターワン像 JR南多摩駅 ヤッターワン像 説明

 そんなこともあり、近くには「ヤッターマン」で今週のビックリドッキリメカを出動させることでおなじみの、「ヤッターワン」の像が設置されていました。設置理由は先述の通り大河原氏の地元というものがありますが、もう1つ、地元の企業である日本フィルコン株式会社の創立100周年を記念して同社より寄贈された経緯もあるようです。ちなみに説明書きのイラストにここにないものが描かれているのですが・・・今後書く記事のネタバレじゃんか

JR南多摩駅 分量橋 JR南多摩駅 分量橋 説明 JR南多摩駅 分量橋公園

 次は・・・駅前広場に繋がる橋なのですが、説明書きが用意されていたので紹介します。まず個々の用水路は大丸用水という江戸時代から整備されている用水路であり、かつてこの場所には多摩川から取水した水を菅堀と清水川へ2:1に分ける分量樋があったようです。そして旧府中街道が整備された際にここに「分量橋」という橋がかかり、これはそれをイメージしたものなの・・・か?(自信無くなってきた)。ちなみにこの近辺は「分量橋公園」として整備されており、その石標も設置されています。
  1. 2020/10/11(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント759 西鉄大善寺駅 久留米市大善寺宮本土地区画整理竣工記念時計台

西鉄大善寺駅 駅舎

 今回は福岡県久留米市にある、西鉄天神大牟田線大善寺駅前のモニュメントを紹介します。この駅は特急停車駅で緩急接続も行うことに加え、折り返しの普通列車も終日設定されているため、2面4線の配線となっています。駅の改札は線路の両側に設置されていますが、ホームと改札の行き来は、この規模の駅では珍しくなった構内踏切を通過する構造となっています。紹介するモニュメントは東口の駅前広場の方にあります。

西鉄大善寺駅 久留米市大善寺宮本土地区画整理竣工記念時計台

 ここの駅前にあるのはこちらの時計台。石でできた脚の上の方に時計がついており、さらにその上には女性の銅像が設置されています。女性は花束を持っているように見えますが、どなたかに差し上げるような体制のように見えます。ちなみにタイトルっぽいところには「久留米市大善寺宮本土地区画整理竣工記念」と書かれています。駅前区画整理が行われた際に設置されたのでしょう。でも像のタイトルとか制作者の記載なし。こういうのって、やっぱり本来はタイトルがあるんでしょうかね?なお、宮本とありますが、これは駅の所在地が”久留米市大善寺町宮本”であることを示しています。大善寺町は筑邦町に編入し、その後筑邦町が久留米市に編入したので、少しややこしい地名になっているのでしょうね。
  1. 2020/10/04(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

飲料レビュー ヤッホーブルーイング「軽井沢高原ビール Wild Forest」

 たまたま近所のスーパーで安く売られていました。

ヤッホーブルーイング 軽井沢高原ビール

 「よなよなエール」でおなじみの、ヤッホーブルーイングが提供している「軽井沢高原ビール Wild Forest」です。ヤッホーブルーイングって今まであんまり調べたことなかったんですが、本社が軽井沢なんですね。ちなみに今回購入した際の価格は、普通のビールくらいの価格でしたね・・・ただ、賞味期限が近かったのですが。普通に買うともっと値段が張るものと思われます。

ヤッホーブルーイング 軽井沢高原ビール 説明 ヤッホーブルーイング 軽井沢高原ビール 原料表記

 ちなみに「ワイルドフォレスト」というのは、軽井沢の自然保護活動を行っているボランティア団体の名前であり、このビールの売り上げの一部も同団体を通じて、野生動物との共存や希少高山植物の保護活動、自然保護の啓蒙活動に利用されているそうです。また、原材料には軽井沢産の小麦である「ゆめかおり」を使用しているとのこと。ん、小麦?ということはヴァイツェン?でもそんな記述はどこにもないな・・・

ヤッホーブルーイング 軽井沢高原ビール 注ぎ

 注いでみたところ、色は普通のビールですかね。ヴァイツェンだったら白っぽくなるのですが、これはそうでもないですね・・・じゃあヴァイツェンではないのかな?ちなみに味についてですが・・・苦め!ヴァイツェンはどちらかというと甘めなのですが、これは私の経験上、以前紹介した苦いビール「Radeberger PILSNER」に次いで苦いビールのように思えました。苦めといわれる大手ビールメーカーのラガービールよりは確実に苦みが強かったです。

 軽井沢エリアを中心とした長野県内で販売されていると案内されていますが、私のように意外なところで手に入れられるかもしれません。苦めのビールが好みの方は、見かけたらちょっと飲んでみてください。
  1. 2020/09/27(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅前モニュメント758 京急穴守稲荷駅 コンちゃん その24

 遠くへ行けない・・・ネタが仕入れられない・・・あ、あれがあった。「捨てる神あれば拾う神あり」ということで、今回は毎度おなじみ、京急穴守稲荷駅のコンちゃんの、2020年8月9日の姿をご紹介。

【参考:過去のコンちゃん】
第1回    ・第2回    ・第3回    ・第4回    ・第5回
第6回    ・第7回    ・第8回    ・第9回    ・第10回
第11回    ・第12回    ・第13回    ・第14回    ・第15回
第16回    ・第17回    ・第18回    ・第19回    ・第20回
第21回    ・第22回    ・第23回

 さて、世の中こんな状況ですが、コンちゃんの姿も・・・

京急穴守稲荷駅 コンちゃん 2020年8月9日

ですよねー

 案の定、マスクを装着していました。当然このサイズのマスクは市販では無いでしょうから、お手製なのでしょうね。一方、着ている服についても、今回は初めて見かけるものでした。最近は以前着ていた服をまた着ていることが結構あったのですが、新しい服を作ってもらえているということを確認でき、一安心。ちなみに今回の柄ですが、花と・・・キティちゃん?なんだかちょっと面白い組み合わせですね。まぁ、前にもキャラクターものの服を着ていたことはありましたから、そこまでびっくりはしませんでしたけど。ちなみに今回のお供えはお水です。熱中症対策ってところでしょうか?

京急600形653Fエアポート急行逗子・葉山行き 穴守稲荷駅にて 京急1000形1441Fエアポート急行逗子・葉山行き 穴守稲荷駅にて

 ちなみに前回の訪問が、まだコロナ騒動に火が付く前の1月でした、半年以上ブランクが開いていたのですが、その間沿線にも大きな変化が。京急では一部の駅の名称が変更となり、ここを通るエアポート急行の終点である新逗子駅も、逗子・葉山駅に変更されました。ということで行先表示も「逗子・葉山」に変わっています。とはいえ、葉山町まで行く場合、実際には駅からバスに乗らないといけないのですが・・・
  1. 2020/09/20(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (763)
モニュメントまとめ (16)
鉄道 (65)
飲料 (131)
食いもん (210)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR