fc2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント931 JR新小岩駅 モンチッチ像&「白山」 他

 今回は東京都葛飾区にある、JR新小岩駅前のモニュメントを紹介します。
JR新小岩駅 モンチッチにあえるまち

 まずは北口側のものからですが、インフォメーションボードの裏に「モンチッチにあえるまち かつしか」と書かれています。モンチッチは1970年代に一世を風靡した、猿をモチーフにしたキャラクターのぬいぐるみです。

JR新小岩駅 モンチッチ像 JR新小岩駅 モンチッチ像 タイトル

 ということでここの駅前には「モンチッチくん」と「モンチッチちゃん」の銅像が設置されています。土台の部分には「モンチッチファンのみなさまへ 愛と感謝を込めて」という、”モッチッチパパ”ことモンチッチの製造元である株式会社セキグチの関口晃市会長からの言葉が書かれています。設置は2022年(令和4年)1月26日であり、比較的新しいもののようです。

JR新小岩駅 モンチッチこの指とまれ像 JR新小岩駅 モンチッチこの指とまれ像 裏 JR新小岩駅 モンチッチこの指とまれ像 説明

 次は上の像からインフォメーションボードを挟んだ右側に設置されているこちらのモンチッチ像。「モンチッチ─この指とまれ─」と書かれており、合計7体のモンチッチ像が設置されています。土台部分にはモンチッチの詳細説明がありましたが、葛飾区ではこの他にも、モンチッチ公園を開園したり、マンホールの蓋にモンチッチを入れたり、時計塔を建てたりしているようです。

JR新小岩駅 モンチッチ時計塔 JR新小岩駅 モンチッチ時計塔2 JR新小岩駅 モンチッチ時計塔3

 ということで次は像の後ろに設置されている、モンチッチの時計塔をご紹介。3面にステンドグラスでモンチッチがデザインされているのですが、片手をあげているもの、両手と片足をあげているもの、片足だけあげているものと、それぞれ異なったものになっています。よく見たらモンチッチの周りのものも、星だったり、リボンと丸だったり、ハートだったりと異なっていますね。

JR新小岩駅 白山

 次は南口側にあるこちらのモニュメント。名鉄東岡崎駅前にあったモニュメントとは異なりますが、こちらも尖がっている形状から、「ガメラ2」に出てくる怪獣「レギオン」を思い出してしまいました(たぶん私だけでしょうけど)。タイトルのところが草に隠れてしまい確認できなかったのですが、Googleマップに「白山」と明記されていました。作者は彫刻家の原透氏であり、以前紹介したJR十日町駅前にある「時間旅行者のために「王と王妃」」を制作した方と同じです。
スポンサーサイト



  1. 2024/05/19(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント930 JR鶴見小野駅 「鶴見朝鮮初等学校入口」石標

JRE131系T2編成各駅停車武蔵白石行き 鶴見小野駅にて

 今回は新車が導入されたJR鶴見線沿線から。現在はワンマン運転が開始されていますが、訪問時はダイヤ改正の直前だったため、まだ車掌常務の光景が見られました。ということで今回は、上の画像を撮影した横浜市鶴見区の鶴見小野駅前のモニュメントを紹介します。

JR鶴見小野駅 鶴見朝鮮初等学校入口石標

 この駅は他の鶴見線の駅同様、昔から無人駅となっているのですが、相対式ホームとなっており、上下ホームごとに改札が設けられています。設置されているのは鶴見方面の入口付近にあるこちらの石標。何やら文字が書かれていますが・・・

JR鶴見小野駅 鶴見朝鮮初等学校入口石標 アップ

「鶴見朝鮮初等学校入口」と書かれています。でもキョロキョロ見回してみても学校は見当たりません。駅前の通りを真っ直ぐ西に進むと学校がありますが、それは横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校であるため、異なります。・・・種明かししますが、この石碑の左手の路地を進み、1回右折したところに学校があるようです・・・、が、名称は「鶴見朝鮮初”級”学校」であり、1965年(昭和40年)の学校法人化以来、特に名称変更はしていないようです。ちなみにそれ以前は「横浜市立下野谷小学校分校」だったため、やはり”初等学校”であったことは無いようです。随分古そうな石標ですが、今まで誰も直そうとしなかったんですかねぇ・・・
  1. 2024/05/15(水) 15:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食いもんレビュー258 BROOKLYN NY 油そば

 今回は油そばのお話。ここを訪問した日の深夜、横浜で晩メシ食えるところを探していました。

BROOKLYN NY 看板

 帷子川の方に来たらこんな看板が。ラーメン屋が3件並んでいるようです。でもラーメンは昼に食べたので、今回は真ん中の油そば店「BROOKLYN NY(ブルックリン ニューヨーク)」に入店します。人が多かったのでお店の外観は撮影できませんでしたが、名前のイメージからわかるように、ラーメン店っぽくないアメリカンな感じが際立っていました。
 今回注文するのは一番オーソドックスな油そばにすることに。+100円で背脂入りの「ブルックリン油そば」を注文できるようですが、深夜ということもあり、ここは大人しくすることにしました。

BROOKLYN NY 油そば

 そしてこちらが出てきた油そば。チャーシューが刻まれているのが特徴的です。いや、汁を混ぜて食べるには、刻みチャーシューの方が混ぜやすいんですがね。お店の雰囲気とは裏腹に、味は結構オーソドックスな醤油味の油そばです。麺も極太麺ではないので、油少なめの醤油ダレとは相性が良い感じ。ただ、チャーシューは刻んであるものの結構量が多いので、トータルのボリュームは結構大きいようにも感じました。

 ちなみに先ほどの看板にもありましたが、一応二郎系のまぜそばもあるようです。流石に食いきれないだろうなぁ・・・
  1. 2024/05/12(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント929 JR備中高梁駅 山田方谷関連のモニュメント群

 今回は岡山県高梁市にある、JR伯備線備中高梁駅前のモニュメントを紹介します。

JR備中高梁駅 山田方谷像 JR備中高梁駅 山田方谷像 至誠惻怛 裏

 まずは西口側にあるこちらの像から。手前には「方谷の道 第一碑」という石標と、「至誠惻怛」と大きく書かれた石碑が設置されています。設置は平成の再末期である2019年(平成31年)2月で、「平成牛麓舎」という組織が設置したとのこと。

JR備中高梁駅 山田方谷 説明 JR備中高梁駅 山田方谷 説明 アップ

 像の向かいには説明の石碑が用意されていました。それによればこの人物は山田方谷という幕末の陽明学者・備中松山藩士とのこと。もともとは同じ高梁市内でも、駅名にもなっている3つに意味寄りの方谷駅周辺の生まれとのことですが、市の玄関であるこの駅の方が利用者が多いので、PRを目的としてここに像を設置したのでしょう。松山藩では財政改革、殖産興業、藩札刷新、軍制改革などを行い、幕末の混乱期には備中松山城を無血開城し、藩士・領民の命を救ったとのこと。ちなみに設置した「平成牛麓舎」は地元のNPO法人のようですが、もともと「牛麓舎」というのは山田方谷が開設した私塾の名前だったものです。そして「至誠惻怛」という言葉は、真心と思いやりという意味を持つようですが、これが山田方谷の基本理念を示しているようです。ちなみに石碑の横に「方谷の道 第一碑」とありますが、石碑は第十二碑まであり、先ほどのNPO法人「平成牛麓舎」が設置しているようです。

JR備中高梁駅 方谷の道 第十二碑 JR備中高梁駅 方谷の道 第十二碑 裏

 そして今度は東口側にある石碑をご紹介。こちらは「方谷の道 第十二碑」という石標があり、12ある内の最後であることがわかります。設置年は同じ2019年ですが、こちらは令和になってから設置されたようですね。

JR備中高梁駅 方谷の道 第十二碑 平天下

 まずは右の「平天下」ですが、平成牛麓社の紹介ページによれば、この言葉はもともと儒学の四書の1つである『大学』に出てくる、「八条目」の1つとのこと。「八条目」とは、格物・致知・誠意・正心・修身・斉家・治国・平天下の八つであり、山田方谷は9歳の時に学問に励む目的を問われた際に「治国平天下」と回答したという話があるとのこと。

JR備中高梁駅 方谷の道 第十二碑 我が州の風土は~

 次は左の石碑ですが、これは十二碑の番台として紹介されているようです。。「我が州の風土は、本より雄豪 鉄気は山に籠り山勢は高し 更に人心の剛なること 鉄に似たる有り 錬磨して一たび就れば 刀よりも利し」と書かれています。出典元は『漢詩』であり、この地域の人のたくましさを示しているようですね。

JR備中高梁駅 ほうこくん神社

 これはおまけ。駅の通路に「ほうこくん神社」なるものがありました。山田方谷をモデルにしたゆるキャラでしょうか?・・・・・・ゆるいのか?山田方谷の大河ドラマ実現を願っているようです。
  1. 2024/05/08(水) 15:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント928 JR陸前落合駅 「平原を渡る風」

 ゴールデンウィークなので、ゴールデンウィークに訪問したところを・・・去年ですがね。ということで今回は、宮城県仙台市青葉区にある、JR仙山線陸前落合駅前のモニュメントを紹介します。

JR陸前落合駅 平原を渡る風

 この駅は仙山線の中間駅の中でも利用者が多い駅であり、駅前ロータリーが整備されています。紹介するのはそのロータリーの中にある。2体の石像です。タイトルは「平原を渡る風」で、作者は彫刻家の石川隆氏とのことです。

JR陸前落合駅 平原を渡る風 左

 まずは左の像から見ていきましょう。こちらは少し前傾姿勢になっているようですが、胸のあたりの形を見る限り、女性をモデルにしているように見えます・・・表情はなんだかすごい険しいですけど(笑)

JR陸前落合駅 平原を渡る風 右

 そして右の像ですが、こちらは筋肉があるガッチリとした体形の男性の像です。ちなみにこの像ですが、単体で設置されているところもあるようで、石川氏が会員となっている一般社団法人二紀会の作品紹介ページでは、「Wind road」というタイトルで紹介されています。雨風の神を表現しているとのこと。個人的には・・・なんとなく刃牙っぽさがあるような気が・・・。
  1. 2024/05/05(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー257 中華料理チュー西金店 中華飯

 前回の記事で北陸鉄道石川線の沿線を紹介しましたが、今回は乗り換えついでの話。石川線から金沢駅に向かう際に、西金沢駅(新西金沢駅)で乗り換えなのですが、晩メシをこの辺りで食べることに。

中華料理チュー西金店 外観 中華料理チュー西金店 看板

 訪問したのは「チュー」という中華料理店。所謂町中華の店なのですが、金沢周辺で何店舗か系列店があるようで、看板にも「チューチェーン」と書かれていました。ちなみに訪問したのは「西金店」になります。西金沢ですから、ね。

中華料理チュー西金店 ディスプレイ

 ちなみにお店の前には食品サンプルのディスプレイがある尾ですが、猫の人形があったり、ウェイトレスのフィギュアがあったりして、不思議な感じに賑やかになっています。

中華料理チュー西金店 中華飯

 注文したのは中華飯。中華丼って言った方がわかりやすいかもしれませんね。ご飯の上のあんかけは、しょうゆベースの味付けで、もやし、キャベツ、豚肉、ニンジンなどが入っています。普段レトルトの中華丼を食べますが、塩味系のものが多いので、それと比べると味付けはかなりしっかりしている印象。付け合わせにスープがありますが、こちらは焦がしネギが入っている醤油スープで、出汁はあまり濃くなかったのですが、香ばしさが結構目立っていました。お値段は結構リーズナブルで、650円くらいでした(今は少し値上げしているようです)。この値段でこの内容ならば満足ですかね。

 今回はラーメンは頼まなかったのですが、こういうところのラーメンもいいんですよね。
  1. 2024/05/01(水) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント927 北陸鉄道野々市工大前駅 富樫館跡石碑&山川館跡

北陸鉄道7000系7102F 新西金沢駅にて

 今回は北陸鉄道石川線から。訪問前日に乗った養老鉄道の車両と似ていますが、こちらも元は東急7000系です。しかし養老鉄道とは異なり、7700系に改造されることなく、石川線にやってきています。この路線はバス転換の議論がされていましたが、乗務員の確保と渋滞対策が難しいため、鉄道での維持が決定したようです。

北陸鉄道野々市工大前駅 富樫館跡石碑 北陸鉄道野々市工大前駅 富樫館跡石碑 裏 北陸鉄道野々市工大前駅 富樫館跡石碑 説明

 ということでやってきたのは石川県の野々市市にある、野々市工大前駅です。金沢工業大学の最寄り駅となっています・・・金沢市ではありませんが。そんなこの駅は、駅舎の隣に「富樫館跡」という石碑が設置されています。説明書きによれば、この石碑は1967年(昭和42年)に金沢工業大学と富樫卿奉賛会が、室町時代に加賀守護を務めた富樫一族の館の存在を広く知らせるために設置したもののようです。裏面には「富樫氏歴代の居館したところ富樫城とも言い九艘川と新兵衛川を外壕とした區域である」と刻まれているとのこと。古そうな石碑に思えますが、意外とそうでもないというのは面白いところですね。

北陸鉄道野々市工大前駅 工大駅前緑地 北陸鉄道野々市工大前駅 工大駅前緑地 標柱

 ちなみに駅前には工大駅前緑地という広場が整備されているのですが・・・

北陸鉄道野々市工大前駅 山川館跡

「山川館跡」という説明書きがありました。モニュメントではないのですが、せっかくなので紹介します。山川館は先述の富樫氏の家臣であった山川高藤(山川三河守)の館で、この辺りから土器や陶磁器などが発掘されているようです。位置はこの辺だと思うのですが、現在は・・・

北陸鉄道野々市工大前駅 山川館跡? ブランコ

・・・ブランコが設置されています。とはいえ、なんとなく遺跡っぽさがあるような、ないような・・・・・・
  1. 2024/04/28(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント926 JR良川駅 詳細不明の祠

JR良川駅 駅舎

 能登半島地震の応援ということでもありませんが、昨年の夏に能登半島を訪問していたので記事を一つ。今回は石川県鹿島郡中能登町にある、JR七尾線良川駅前のモニュメントを紹介します。

JR良川駅 詳細不明の祠

 ここの駅前は県道が通っているのですが、その向かいに祠が一つ、ポツンと立っています。しめ縄がありますので、神道系のものと思われますが、扉で封じられており、加えて中身が見えない構造となっているので、実際にどのような神様が祀られているのかはわかりませんでした。道路側を向いていますが、衣料品店の敷地の一画にありますので、商売繁盛の神様の可能性もありますかね?

JR良川駅 駅前ビオトープ

 これだけでは寂しいのでおまけを一つ。駅の裏側(金沢方面ホーム側)の出口を出ると、目の前には遺跡やため池のような構造の敷地がありました。Googleマップでは「良川駅前ビオトープ」と記されています。ビオトープとは自然保護を目的とした生物空間を示す言葉であります。見た感じ植物は特段なさそうですし(夏場なのに芝?が枯れ気味でしたからね)、何か動物が来るのでしょうか?それとも本来は水田みたいに水が張っている場所なのでしょうか?う~ん、気になります。
  1. 2024/04/24(水) 15:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲料レビュー サントリー「パーフェクトサントリービール 黒」VS「プレミアムモルツ 黒」

 前にサントリー「パーフェクト サントリービール 黒」を紹介しましたが、売れ残りを見つけたのでもう1つ企画をやることに・・・。

サントリー「パーフェクトサントリービール 黒」VS「プレミアムモルツ 黒」

 同じサントリーの「プレミアムモルツ 黒」と飲み比べをしてみることにしました。こちらもあまり見かけるものでもないのですが、たまたまPSBを売っていたところで一緒に並んでいたので、同時に入手することができました。同じメーカーの黒ビールですし、前者の私の評価はアレでしたが、どうでしょう。ちなみに後ろにもう1つ違うビールがありますが、せっかくなので一緒に飲み比べします。

サントリー「パーフェクトサントリービール 黒」VS「プレミアムモルツ 黒」 原料

 原材料の表記を見ますと、そもそもアルコール度数が違いますね。前者が5%で後者が5.5%です。そして前者には「糖類」という記述がありますが、後者にはありません。やはり黒ビール本来の味に近いのが、プレミアムビールってことなのでしょうか?

サントリー「パーフェクトサントリービール 黒」VS「プレミアムモルツ 黒」 キャッチ

 側面の別の場所にはウリの表記があります。要点をまとめると、前者は「爽快に飲める」ことを、後者は「豊かなコクとうまみ」をウリにしているようです。爽快?爽快ねぇ・・・

サントリー「パーフェクトサントリービール 黒」VS「プレミアムモルツ 黒」 中身

 注いでみてみたらこんな感じ。泡の色はやはりプレモルの方が濃いめですね。でもアサヒと比べても大差はなさそう。味についてですが、下記のような感じでしたね。

・PSB黒・・・やっぱりホップの香りが強すぎる。黒ビールっぽさがない
・プレモル・・・そんなに濃くはないが、花に通り抜けるロースト麦芽の香りがある
・黒生・・・プレモルと味はほとんど同じ。ロースト麦芽の香りがプレモルより弱いだけ。

 確かにプレモルが一番濃厚かなという印象ですが、黒生も価格の割には努力しているのがわかります。PSBは・・・うん、やっぱりそうだよね。ちなみにここにキリンが割って入ると、バランスブレイクしそうな気がするのは、私だけでしょうか・・・。
  1. 2024/04/21(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント925 JR新堂駅 ミニおくの細道「草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家」&謎の陶器?

 今回は三重県伊賀市の、JR関西本線新堂駅前のモニュメントを紹介します。この駅は切符売り場が島式ホームの真ん中にあるという少し特殊な構造となっております。同じような構造の駅は、JR中央本線上野原駅でも見られます。

JR新堂駅 ミニおくの細道「草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家」

 この駅には「ミニ おくの細道」の句碑が一つ設置されています。「ミニ おくの細道」事業についてはこちらの記事にて紹介されていますが、松尾芭蕉が奥の細道で詠んだ50の俳句の句碑を、彫刻パネルと共に西柘植地区内に設置しているとのことです。松尾芭蕉は伊賀出身(実は忍者という噂もある)ということは有名ですが、江戸時代の書物に「芭蕉は下柘植の出」と書かれているものもあり、この辺りの地区に縁があると考えられる要素もあるようです。ちなみにここにある「草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家」という俳句は、松尾芭蕉が東京深川の芭蕉庵を引き払い、奥の細道の長旅に出た際に詠まれたものとして有名ですね。

JR新堂駅 謎の陶器? JR新堂駅 謎の陶器? アップ

 こちらは駅の跨線橋の北側にある、以前ここにあった木造駅舎の跡地なのですが、一部分だけブロックで囲われており、その上に陶器のようなものが置かれています。水が溜まっているものや、穴がないものもあるので、植木鉢ではないように思えますが・・・この囲いの中は花壇でしょうか?ちなみにブロックの一部にはキキララやマイメロディなどが描かれた陶板が設置されています。一部には文字もありますが、地元小学校かどこかの卒業制作なんでしょうかね
  1. 2024/04/17(水) 15:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (931)
モニュメントまとめ (19)
鉄道 (66)
飲料 (157)
食いもん (258)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR