fc2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

飲料レビュー 合同酒精「ホッカイドウハイボール ガラナ風味」

 どこだったか、スーパーの北海道フェアみたいなところにありました。

合同酒精 ホッカイドウハイボール ガラナ風味

 合同酒精の「ホッカイドウハイボール ガラナ風味」です。合同酒精はPBのチューハイを作っているメーカーとしておなじみですが、焼酎の「ビッグマン」のメーカーでもあり、過去には「ビッグマンチューハイ なまらすっきりドライ」というものも紹介しています。今回紹介するのも北海道系統のものですが、おなじみ「ガラナ」のサワーです。

合同酒精 ホッカイドウハイボール ガラナ風味 説明

 側面には丁寧にガラナの説明がありました。過去にはセイコーマートの「ガラナサワー」を紹介していますが、直近で北海道にも、茨城にも、埼玉にも行く予定はないので、飲み比べはせずに単体で飲むことにします。

合同酒精 ホッカイドウハイボール ガラナ風味 原料

 アルコール度数はちょい低めの4%で、アルコールはウォッカを使用(ビッグマンじゃないんですね)。製造者の住所が松戸なのはビッグマンと同じです(笑)。

合同酒精 ホッカイドウハイボール ガラナ風味 注ぎ

 注いでみたら、色は結構黒めなので、キリンガラナに近い感じ。肝心の味ですが、妙に甘い・・・。コアップガラナのような薬っぽさの強さは無く、キリンガラナほど苦味(炭酸?)もなく。味はガラナだが、なんとなくドクターペッパーっぽいトイレットペーパー感があるような気も。

・・・なんかまともな感想が書けないです。誰か見つけられた方、まともなレビューをお願いします(笑)
スポンサーサイト



  1. 2021/12/26(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

飲料レビュー 宝酒造「焼酎ハイボール」 3種類飲み比べ

 ちょっと前に宝酒造「焼酎ハイボール 前割レモン」を紹介しましたが、その時に普通のレモン味との差が気になったので・・・

宝酒造「焼酎ハイボール」 3種類飲み比べ パッケージ

 「レモン」「前割りレモン」「ドライ」の3種類を飲み比べしてみることにしました。もともと甘さ控えめのブランドですが、果汁の無いドライも一応比較対象にしてみました。

宝酒造「焼酎ハイボール」 3種類飲み比べ 説明

 缶にプリントされた絵は3種類違いますが、その下の説明書きは「前割りレモン」だけ異なります。以前も触れましたが、「前割りレモン」は宝焼酎にレモンを漬けたものを割っているので、そのことが書かれています。

宝酒造「焼酎ハイボール」 3種類飲み比べ 原料

 次は材料比較。「レモン」はレモン果汁、「前割りレモン」はレモンスピリッツとレモン果汁が入っています。前述の通り「ドライ」は果汁はありません。「レモン」と「ドライ」のには酸味料が入っているようですが、「前割りレモン」には入っていません。アルコール度数が「前割りレモン」だけ5%だからか、これだけカロリーが29kcalで、他2つは42kcalとなっています。

宝酒造「焼酎ハイボール」 3種類飲み比べ 色比較

 注いでみたときの色比較はこちら。「ドライ」は透明度が高く、「レモン」と「前割りレモン」はうっすら黄色っぽさがあります。肝心の味についてですが、「ドライ」は完全に別物で、独特の渋さがあります。今回のメインである「レモン」と「前割りレモン」との違いですが・・・正直よくわかりませんでした。う~ん、前に「前割りレモン」を飲んだ時のすっきり感はなんだったんだろう・・・度数が低いので、酔いにくかっただけかなぁ・・・

 これはもう1回やってみたほうが良いかもしれないですね。
  1. 2021/11/28(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲料レビュー アサヒビール「スーパードライ 生ジョッキ缶」

 噂のやつを買いました。

アサヒビール スーパードライ 生ジョッキ缶

 アサヒビール「スーパードライ」の生ジョッキ缶です。上をパカッと開けるともこもこ泡が立つというアレです。最初に販売したときにコンビニ限定だったものの、とんでもないスピードで売れていき製造が間に合わなかったようで、それ以降月1回の販売となっています。たまたまスーパーへ寄ったら販売日だったので購入することができました。一応今回は普通のスーパードライも中身の確認・比較の意味で用意しています。

アサヒビール スーパードライ 生ジョッキ缶 原材料

 まずは原料の比較なのですが・・・同じようですね。「さらりとした飲み口、キレ味さえる、いわば辛口の生ビールです。」という文言まで全く同じです。完全に缶の違いだけということになります。それでは、開け・・・あぁ!

アサヒビール スーパードライ 生ジョッキ缶 開缶

 開けたとたんにバシャンとなってしまいました。泡が吹きこぼれたというよりも、特殊な開け口なので衝撃が大きくなった感じ。というか、泡・・・立ってないじゃん。缶の下部には4℃~8℃が飲み頃とのこと。確かにキンキンに冷蔵庫で冷やしていたのですが、冷やしすぎましたでしょうか?

アサヒビール スーパードライ 生ジョッキ缶 泡立て

 ということで、缶を握って体温で温度を上げます。確かに握っているところから泡が少しずつ出てきます。数分がんばったら、上の画像の量まで増えました。さて、飲んでみ・・・ぬるい・・・。泡は立つものの、ぬるくなって残念な感じになってしまいました。

生ジョッキ缶 黒ラベルで実験 生ジョッキ缶 黒ラベルで実験2

 次は実験。他のビールでも泡は立つのか確認をしてみようと思い、サッポロ黒ラベルを用意。こちらは注いだら泡が立つ・・・のは普通ですね。泡を取り除いてみたら普通のビール。こちらも握って温度を上げたら泡は立ちました。ビールの中身ではなく、缶に細工が施されていることがこれでわかりました。

生ジョッキ缶 一番搾り糖質ゼロ

 一応もう1回実験。今度はキリン一番搾り糖質ゼロで実験。こちらも同様に握って温度を上げたら泡が立ちました。が、やはりぬるくなってしまうのが難点でした。元の缶に入っている残りの方が、まだ冷たいんだもの・・・。ちなみにこの後第三ビールでも泡立つのか実験しようとしたのですが、これ以上ぬるいのは飲みたくなかったので、中止しました。まぁ、やっぱりビールはキンキンに冷えてやがる方が良いですね。
  1. 2021/10/17(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲料レビュー アンハイザー・ブッシュ・インベブ「LOWENBRAU」

 なんだか安いビールがあったので、気になり買ってみました。

アンハイザー・ブッシュ・インベブ LOWENBRAU

 洋物ビールらしいのですが、「LOWENBRAU(レーベンブロイ)」という名前のようです。内容量が330mlとなっており、日本のビールのと比べると、若干缶の高さが低いです。

アンハイザー・ブッシュ・インベブ LOWENBRAU 販売者など

 輸入者はアンハイザー・ブッュ・インベブ・ジャパンという会社。原産国は・・・韓国?韓国ってビール有名なのか?韓国っぽさがない名前とデザインですね・・・という茶番はここまでにしましょうか。アンハイザー・ブッュ・インベブという会社はベルギーにあるビールメーカーであり、かつてはアサヒビールがこの製品のライセンス生産を行っていたようですが、契約終了に伴い製造終了。その後韓国のOBビールがライセンス生産を始め、輸入により再度日本でも販売されるようになったそうです。ここまで聞くと、もうどこの国のビールなのかわかりにくい(笑)。ちなみに原材料は麦芽とホップだけであり、副原料は使用していないようです。

アンハイザー・ブッシュ・インベブ LOWENBRAU 注ぎ

 注いでみたところ、色味は普通の日本のビールと大差はないですね。薄すぎることもなく、濃すぎることもありません。味についてですが、結構薄めのピルスナーってところでしょうか?同じくアンハイザー・ブッュ・インベブの傘下で製造されているバドワイザーのような飲み心地がしますが、それよりかは味が若干濃いかなといったところ。いや、実際には飲み比べてみないとわからんな。とはいえ、以前に紹介した洋物ビール「ラーデベルガー」とは対極に位置しそうな味なのはわかりますね。個人的には苦い方が好みなので、ちょっと物足りなさがありましたね。
  1. 2021/09/05(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲料レビュー ”甘くなくてちょっと度の強いレモン味?チューハイ” 後継者争いその11

 こちらの記事に続き、”甘くなくてちょっと度の強いレモン味?チューハイ”の後継者争いを続けます。

宝 焼酎ハイボール前割レモン&皆様のお墨付き チューハイDRY

 今回のエントリーはこちらの2種類。1つ目は宝酒造の「焼酎ハイボール 前割りレモン」です。なんとなくスーパーの新商品売り場で安く売られていたので、一度飲んでみたのですが「おや?」と思うところがあったので、改めて他と飲み比べしてみることにしました。しかしだいたいのドライ系は飲んでしまっているので、何と飲み比べしようかな~と思っていた時に、たまたま入った西友で「あ、ここのPBのやつ飲んだことないや」と気づいたので、西友PBの「みなさまのお墨付き チューハイDRY」も飲んでみることにしました。(ついでに樽ハイ倶楽部の1本用意しましたけど・・・)

宝 焼酎ハイボール前割レモン&皆様のお墨付き チューハイDRY 成分

 成分についてですが、焼酎ハイボールの方は以前に紹介したドライと同じく、主軸のお酒は焼酎です。それに加えてレモンスピリッツが入っており、次いでレモン果汁も入っています。前割ってのはレモンスピリッツのことなんでしょうね。ちなみにアルコール度数は5%であり、標準的な濃さです。一方「みなさまのお墨付き」はよくあるチューハイと同じくウォッカが軸。それにライム果汁、レモン果汁、シイクワシャー果汁の3種類が入っています。アルコール度数は9%なので強めです。

宝 焼酎ハイボール前割レモン 説明

 ちなみに缶の説明によると、「前割り」のレモンスピリッツのお酒も焼酎を使用しているようです。こだわりがわかりますね。

宝 焼酎ハイボール前割レモン&皆様のお墨付き チューハイDRY 注ぎ

 注いでみたところはこんな感じ。樽ハイ倶楽部とも見比べてみましょう。焼酎ハイボールの方はレモンの黄色っぽさが若干出ています。「みなさまのお墨付き」は樽ハイ倶楽部と同じく透明ですね。肝心の味についてですが、まず「焼酎ハイボール」は、ドライほど味がないわけでなく、レモンほど濃いわけでもない。酸っぱいわけでもなくほのかに味がする感じでしょうか?でもウォッカ系のチューハイとはやはり異なり、焼酎っぽさが少しわかりやすいです。一方「みなさまのお墨付き」の方ですが、こちらはあまり遊びの無いドライ系の味です。前回の鏡月ほどではありませんが、柿ピーと一緒に飲んでいるからか、渋みが感じられました。

 焼酎ハイボールの方は悪くないかなーという印象。ドライほどアルコールがきつくないので飲みやすいほうですかね。今度は普通のレモンと飲み比べてみようかな・・・
  1. 2021/08/15(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲料レビュー ”甘くなくてちょっと度の強いレモン味?チューハイ” 後継者争いその10

 前回の同じ系統の記事でいったん結論を出したような感じでしたが、”甘くなくてちょっと度の強いレモン味?チューハイ”の後継者争いを続けます。

サントリー 鏡月焼酎ハイ&トップバリュ ドライで甘くないレモンサワー サントリー 鏡月焼酎ハイ


 というのも、甘くないらしいチューハイが出たということで、試してみたのです。今回メインで紹介するのは、サントリーの「鏡月焼酎ハイ」の”すっきりドライ”と”ちょい搾レモン”の2つ。ついでにたまたまイオンに買い物へ行った際に「ドライで甘くない レモンサワー」というPB商品も見かけたので、同時に飲み比べしてみることにしました。ちなみに私は「鏡月」自体飲んだことはありません(そもそも焼酎そのまま飲まないんで・・・)。

サントリー 鏡月焼酎ハイ&トップバリュ ドライで甘くないレモンサワー 成分

 原材料の表記を見ていきましょう。鏡月2種の一番の原料は焼酎でも炭酸でもなく、スピリッツ。何の種類を使っているのでしょうか?焼酎は2番目になっています。”すっきりドライ”には”グレープフルーツ浸漬酒”が入っているようですが、”ちょい搾レモン”にはしっかりと”レモン”と表記されています。一方で”ドライで甘くないレモンサワー”は1番目が焼酎、続いてスピリッツ、レモン果汁となっています。正統派の分量の用ですね。製造元は合同酒精。安定のオエノングループです。

サントリー 鏡月焼酎ハイ&トップバリュ ドライで甘くないレモンサワー 色

 色の比較をしてみると、”ちょい搾レモン”だけちょっとだけ黄色っぽいのがわかりやすいです。肝心の味についてですが・・・”すっきりドライ”は遊びの無い味ですね。宝焼酎ハイボールよりもシブい感じ。もう一つの”ちょい搾レモン”は、正直レモンの味はほとんどしない気もします。こちらも焼酎の味が強いように思えますね。一方、「ドライで甘くないレモンサワー」は、レモンの味がしっかりとするのですが、甘みはあまりないように感じました。氷結無糖レモンに近いですかね。酸味の方が気になります。

 個人的にはちょっと渋くて合わないかな~と思いました。なんだかんだ甘くないものを求めても、ちょっとは甘さがあるほうが良いってことですかね(謎)
  1. 2021/07/25(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲料レビュー マツモトキヨシ「EX STRONG HAPPY&SALT ENERGY DRINK」

 今回のヤクは、久々にマツキヨPBを紹介しようと思います。マツキヨのエナジードリンクと言えば、青いやつとか紫のやつのように、すんごい色をしている特徴がありましたが、今回は果たして・・・

マツモトキヨシ EX STRONG HAPPY&SALT ENERGY DRINK

 今回紹介するのは「HAPPY&SALT」という種類のものです。賞味期限が近く、100円で売られていましたので、製造終了品でしょうか?名前の通り塩が入っているらしく、「沖縄の塩配合」と書かれています。

マツモトキヨシ EX STRONG HAPPY&SALT ENERGY DRINK 成分

 成分を見る限り、カフェインとアルギニンの量は青いやつと同じようです。一方名前にも入っている塩こと食塩相当量ですが、紫のやつよりも0.01g多いだけであり、飛びぬけて多いわけでもないようです。その一方でクエン酸は280mgも多くなっています。クエン酸が多いということは酸っぱいのかしら?

・・・さて、注いでみたところの色は・・・

マツモトキヨシ EX STRONG HAPPY&SALT ENERGY DRINK 中身

 あれ、地味。

 はっきり言って拍子抜け。これじゃあコーラと同じ色ですね。いや、コカ・コーラのエナジードリンクよりもコーラに近い色かも・・・。肝心の味ですが・・・あぁぁ?味はファンタグレープみたいな味がするぞ?私の味覚は完全におかしくなってしまいましたでしょうか・・・。妙なグレープ感が・・・誰か他の人の感想も聞きたいです。
  1. 2021/06/13(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲料レビュー 「Kiiva ENERGY DRINK」

 久々のヤク系。今回のはすごいです。

Kiiva ENERGY DRINK

 量が!

 今までいろいろなエナジードリンクを紹介してきましたが、内容量500mlのロング缶は流石に今回初めてです。というか、これ飲んで大丈夫か?

Kiiva ENERGY DRINK メッセージ

 側面にはメッセージが書かれていましたが、「人と違う道を行け」だそうです。まぁ、こんなエナジードリンクを頻繁に飲んでいたら、それはそれで人と違う道に行きそうですが(笑)

Kiiva ENERGY DRINK 成分表

 成分表などはこちら。果糖ぶどう糖液がメインなのは他とあまり変わりません。成分にはアルギニン625mg、カフェイン160mgと書かれており、これだけならばとんでもないものだと思ってしまいます。が、この量は500ml1缶に入っている量のようです。100mlあたりに直すと、アルギニン125mg、カフェイン32mgとなります。これだけだと一般的なエナジードリンクと大差ないことになりますね。総量は多いですけど。ちなみに100mlあたりのカフェインの量が80mgというバケモノも過去には飲んでいます。

Kiiva ENERGY DRINK 中身

 さて、コップに注いでみたのですが、あらま、色は赤系なのですね。味についても色から想像されるような、ベリー系の味ですかね。ただ、味自体が濃いということはなく、なんとなく甘さばかりが目立つような気もします。久々にエナジードリンクのんだからかな・・・。500mlありますが、途中で少し飽きてしまうかもしれないですね。

 ちなみに値段はあまり高くなかったです。見かけた方は試してみてください・・・
  1. 2021/05/23(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲料レビュー ”甘くなくてちょっと度の強いレモン味?チューハイ” 後継者争いその9

 久々の”甘くなくてちょっと度の強いレモン味?チューハイ”の後継者争い記事です。

甘くなくてちょっと度の強いレモン味?チューハイその9

 今回エントリーするのはこの3つ。1つはイオンのPB「トップバリュ」の1種である「焼酎ハイボール ドライ」です。黒地に赤字で「ドライ」と書かれていたところが目に入り、買ってしまいました。もはやレモン味という条件がどこ吹く風状態です。1つ目はキリン「氷結」シリーズとして割と最近出た「無糖レモン」です。「甘くない!」って書いてあったのでエントリー。3つ目はアサヒビールの「樽ハイクラブ プレーン」です。「居酒屋で超人気の大人のサワー」という文字が目立っていますが、製品名は下にあるロゴの方です(笑)。ちなみにこのブランドにはレモン味もあるのですが、お気に入りだったサントリーの「THE DRY」はあまり味が濃くなかったので、「ほのかな柑橘」であるこちらを選択します。

甘くなくてちょっと度の強いレモン味?チューハイその9 原材料

 原料表記を見てみると、「焼酎ハイボール」はその名の通り焼酎を使用しており、他の2つはウォッカを使用しています。「氷結」には「レモン果汁」が明記されていますし、一番上にあるということは量が多いということでしょうか?「樽ハイクラブ」はアルコール度数が8%であり、他の2つが7%というところを考えると、少し度が高めです(誤差の範囲かもしれませんが・・・)

甘くなくてちょっと度の強いレモン味?チューハイその9 注ぎ

 注いでみたところ、こんな感じ。「焼酎ハイボール」は色がついていますが・・・カラメル色素らしい。味についてですが、まず「焼酎ハイボール」は、宝焼酎ハイボールよりも焼酎の味が強いでしょうか?アルコール以外の味は特になく、焼酎の味が直球で来る感じで、本当に度数7%?って思ってしまいました。次に「氷結 無糖レモン」ですが、こちらはレモンの味がちゃんとします。甘みはあまりないです・・・が酸っぱい!甘さの代わりに酸っぱさがある感じ。個人的に酸っぱいものが苦手なのでこれはなかなか・・・。最後に「樽ハイクラブ プレーン」ですが、こちらは「THE DRY」などのドライ系チューハイと比べるとキレは弱いです。しかし酸味と甘みはちょうどいい仕上がりになっており、飲みやすい味になっていますね。

アサヒ 樽ハイクラブプレーン 側面

・・・ということで、最近はこの「樽ハイクラブ プレーン」をよく飲んでいます。飲みやすいのでね・・・8%あるから酔いやすいところもありますけど。缶の表記によれば、このブランドはもともと飲食店に提供しているものらしいです。ちなみにレモン味の方はレモンの味が強くて、ちょっと好みのドライ系とは遠いかなと思いました。しかし、最大の問題は、近所で見かけるのが「レモン」の方が多く、「プレーン」が少ないこと!「まいばすけっと」では見かけなくなってしまいましたし、「ビッグエー」でも見かけなくなってしまいました。「ドンキホーテ」「マルエツ」ではレモン味だけ取り扱い。「東急ストア」と「イオン」くらいしか買えるところがないんですよね。「東急ストア」は「THE DRY」が最後まで残っていたところですが、売価が安くならないのが難点なんですよね・・・楽天の期間限定ポイントが消化できますけども。
  1. 2021/04/10(土) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲料レビュー イオン「トップバリュベストプライス 富良野生ビール」

 近所のイオンに買い物に行った際に見かけたものです。

イオン トップバリュベストプライス 富良野生ビール

 イオンのPBブランドである「トップバリュベストプライス」のビールに、「富良野生ビール」というのが出ていました。ビール売り場でよく見かけるのは、第三のビールの「バーリアル」がメインどころだったのですが、ついに普通のビールも出るようになったんですね。酒税が変わったことによりビールが安くなったので、参入したのでしょうか?しかしながらビールの名前はなぜか「富良野生ビール」。なぜ富良野が出てくるのだ?と思ってみてみたら、ホップに富良野産の「リトルスター」を50%以上使用しているからなのだとか。

イオン トップバリュベストプライス 富良野生ビール 材料表記

 原材料はいたってシンプル。麦芽とホップだけとなっています。製造者はサッポロビールとのことで、製造所固有記号がLの場合千葉工場、Nの場合仙台工場(実際には名取にある)となっているのですが、私が購入したのはLだったので、千葉工場で製造されたものでした。あれ、恵庭じゃないの?

イオン トップバリュベストプライス 富良野生ビール 注ぎ

 注いでみたらこんな感じ。まぁ、色は普通のビールですね。肝心の味ですが、苦みが強めのように感じました。以前紹介したヤッホーブルーイング「軽井沢高原ビール Wild Forest」も苦みが強かったのですが、こちらはそれよりは苦みは強くないです。ただし、麦芽の味に深みはなく、若干の薄さも感じられるようにも思えました。とはいえ、値段が1本150円くらいなので、コストパフォーマンスはそこそこ良いのではないかと思いました。

 そういえばPBのビールって他にどこかありましたっけ?セブンプレミアムとかあったかな・・・。
  1. 2021/03/21(日) 03:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (803)
モニュメントまとめ (17)
鉄道 (65)
飲料 (142)
食いもん (220)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR