fc2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント834 小田急東林間駅 「千代の松」&「人と自然のふれあい像」 他

 今回は小田急江ノ島線東林間駅のモニュメントを紹介します。この辺りの林間都市には3つの小田急線の駅がありますが、この駅だけが相模原市にある駅となっています。

小田急東林間駅 千代の松 小田急東林間駅 千代の松 看板 小田急東林間駅 千代の松 説明

 いきなりモニュメントではなく木を紹介することになるのですが、目立つところに説明があったので取り上げることにしました。これは松の木なのですが、樹齢が100年を超えていると見られています。1987年(昭和62年)の東林間開発百年祭記念の際に、アンケートにて「千代の松」と名付けられたそうです。「新開の 歴史と共に 生い立ちて ふれあいの場に 千代の松かな」という短歌が詠まれていますが、これはアンケートで多かった他の名前の候補を入れているとのこと。

小田急東林間駅 人と自然のふれあい像 小田急東林間駅 人と自然のふれあい像 タイトル 小田急東林間駅 人と自然のふれあい像 設置者

 次はこちらの棒人間みたいな男女の石像。両手をバンザイしており、その上に金色の鳥がいます。タイトルは「人と自然のふれあい像」と、なんだか説明みたいな名前です。企画は瀧本文男氏、制作は工藤健氏とのこと。東武日光線新古河駅前の銅像の作者も、工藤健という方だったのですが、同じ方でしょうか?それにしては作風が違いますし、工藤氏のホームページの作品紹介に、裏面の設置年(昭和63年1月)の時期にこの像はありませんし・・・。ちなみにこちらも先ほどの「千代の松」の名前と同じで、東林間開発百年祭記念の際に設置されたもののようです。

小田急東林間駅 名称不明壁画

 次は駅前から若干離れますが、東急ストアの方にあるこちらの壁画。詳細情報などは無く、タイトルも不明です。地元の子供の作品でしょうか?たまにそういう絵画が駐輪場とかに設置されることがありますよね。
スポンサーサイト



  1. 2022/11/27(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント833 JR諸寄駅 篠原無然之碑

 ここ最近近場の記事ばかりだったので、今回は西日本から。今回は兵庫県美方郡新温泉町にある、JR山陰本線諸寄駅前のものをご紹介。ちなみに訪問したのは・・・7年前です。なんでそんなに長い間ネタを寝かせてたかねぇ・・・

JR諸寄駅 篠原無然之碑

 この駅は小さな無人駅だったのですが、駅前には石碑が2つ設置されています。1つ目は「篠原無然之碑」と書かれた石碑です。見た目からわかると思いますが、結構古そうな石碑です。

JR諸寄駅 篠原無然之碑 説明

 そしてもう一つはその隣に設置されていた石碑。こちらは新しいようですが、どうやら先ほどの石碑の説明として用意されたもののようです。それによれば、タイトルの篠原無然は、1889年(明治22年)3月7日にこの諸寄の地で生まれた社会教育(通俗教育。学校以外で行われる教育活動)の先駆者とのこと。修養団体幹部となった後に、「天命は社会教育なり」という信念を持ち、奥飛騨の秘境・平湯村で地域教化指導、社会事業に尽力したようであり、生糸工場の工女の待遇改善にも寄与したとか。最期は平湯の長野寄りにある安房峠にて猛吹雪に遭い、36歳で生涯を終えたとのことです。碑の文字を書いたのは、懺悔奉仕団体の一燈園の創設者である、西田天香氏とのこと。設置年に「平成元年」と書かれていますが、西田氏は1968年(昭和43年)に亡くなっていますし、さすがに30年ちょっとでここまで古びた石碑にはならないですよね。実は石碑自体はもともと篠原無然の墓苑にあり、篠原無然生誕百年事業として、駅前に移設されたそうです。

 ちなみにここには30分ほど滞在していたのですが、雨が降ってきたのでほとんど駅舎で過ごしていました。そんな中ふとやってきたのが・・・

JR諸寄駅 コクワガタのメスが雨宿り

コクワガタのメス。少し雨に濡れてしまっているようですが、雨宿りに来たのでしょうか?カブトムシのメスも同じですが、この娘も体がふっさふさなのがよくわかりますね。
  1. 2022/11/23(水) 15:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食いもんレビュー222 丸美屋自販機 からあげラーメン&ハムチーズトースト

 前回の記事でわたらせ渓谷鐵道花輪駅に降りたのですが、その目的は・・・

丸美屋自販機 ラーメン自販機

 これ。

 花輪駅から歩いて10分ほどのところにある、「丸美屋自販機」というドライブインが今回の目的地。ここは近くにある「レストラン飛鳥」というお店が運営している自販機コーナーなのですが、昭和の時代に製造されたラーメン・うどんの自販機が現役で活躍しています。最近テレビで紹介されたらしく、お店は外まで人があふれるほど大盛況!レストランの方がこことレストランを往復して商品の補充をされていました。今回私はラーメンを食べようと思ったのですが、ん、ボタンが2つある・・・からあげラーメン?

丸美屋自販機 からあげラーメン

 ということで「ラーメン」と「からあげラーメン」が同じ値段(300円)だったので、後者を食べることに。そんでもって出てきたのが上の画像のもの。煮卵がありますが、これはアタリらしいです(ハズレはうずらの卵とのこと)。そこそこのサイズのから揚げが2個入っています(ちょっと冷たかったのは、自販機なのでご愛敬)。味については、本当にオーソドックス。よくある中華めんに、よくある中華そばのスープをかけたものって感じですね。昔地区のお祭りで出していたラーメンの味です(伝わらないと思いますが)。ただ、それが良いんですよね。自販機で買ってその味のラーメンというのが、良いんです。

丸美屋自販機 トースト販売機

 もう一つ。ここにはトーストサンドの自販機もありましたので、これも食べることにしました。こちらは「ハムチーズトースト」(200円)のみの販売となっています。

丸美屋自販機 ハムチーズトースト アルミホイル 丸美屋自販機 ハムチーズトースト 中身

 出てきたトーストサンドは書かれている通り「ちょー熱い」です!混んできたので外のテーブル席へ移動。トーストサンドはアルミホイルにくるまれて出てきます。中身は薄めの食パンでロースハム1枚とチーズを挟んで焼いただけのもの。うん。やはりそれが良いんですよね。自販機からこれが出てくるのが良いんです。わっかっるかな~?

丸美屋自販機 窓

 こちらはお店の窓なのですが、ステッカーがいっぱい!もともとドライブインということもあり、ツーリングなどで来た人たちが貼っていったのでしょう。ちなみに群馬県内にはこのような自販機があるところが結構多く残っています。個人的にはハンバーガーの自販機に今度挑戦してみたいんですよねぇ。
  1. 2022/11/20(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント832 わたらせ渓谷鐵道花輪駅 花輪宿燈籠&石彫刻展の作品群

わたらせ渓谷鐵道花輪駅 うさぎとかめ

 引き続き群馬県からのネタをご紹介。今回はみどり市にある、わたらせ渓谷鐵道花輪駅のモニュメントを紹介します。この駅は列車接近時に童謡「うさぎとかめ」が流れ、ホームにもうさぎと亀の銅像が設置されています。というのも、「うさぎとかめ」の詩を書いた作詞家の石原和三郎がこの地域出身であるため、ゆかりの地としてPRをしているようです。

わたらせ渓谷鐵道花輪駅 花輪宿燈籠

 駅前でまず目立つのはこちらの行燈。「花輪宿」と書かれておりますが、かつてこの地は宿場町として栄えていたことを示しています。何街道の宿場町かというと・・・「あかがわ かいどう」と書かれています・・・が、これは間違い。本当は「銅山(あかがね)街道」が正しいです。劣化してしまったのか、「ね」が「わ」になっちゃってるようです。ちなみに街道は名前の通り、足尾銅山からの銅を江戸まで運ぶために整備された街道とのこと。

わたらせ渓谷鐵道花輪駅 花?

 次は駅舎の真ん前にあるこちら。紫陽花の後ろに石碑が隠れています。「花●」と書かれているようですが、「花輪驛」と書かれているそうです。

わたらせ渓谷鐵道花輪駅 名称不明石彫刻

 次は駅の西側にあるちょっとした広場から。ここには石彫刻がいくつか設置されています。まずはこちらのカモメのようなもの。明確な情報は特になし。

わたらせ渓谷鐵道花輪駅 絆 わたらせ渓谷鐵道花輪駅 絆 説明

 次はこちらの彫刻。2匹のチンアナゴ・・・って言ってはいけません。こちらは説明の石碑がありました。それによれば”第八回石彫刻展”で”東村教育長賞”を受賞した作品で、タイトルは「絆」、作者は松島和美氏、制作は2002年(平成14年)10月とのこと。

わたらせ渓谷鐵道花輪駅 雨やどり わたらせ渓谷鐵道花輪駅 雨やどり 説明

 次はこちらの休憩所みたいな石彫刻。こちらにも説明がありましたが、それによればこちらは”第三回石彫刻展”で”東村商工会長賞”を受賞した作品で、タイトルは「雨やどり」、作者は古田島哲雄氏、制作は1997年(平成9年)11月とのこと。この2つから察するに、東村は2006年(平成18年)にみどり市となっていますが、合併前の東村では定期的に石彫刻展を開催しており、ここに設置されている彫刻は、その出展作品であることがわかります。

わたらせ渓谷鐵道花輪駅 名称不明石彫刻2 わたらせ渓谷鐵道花輪駅 名称不明石彫刻3

 ちなみに同じ広場にはほかに2つ、小さな名称不明の石彫刻が設置されています。片方は椅子というか、テーブルというか・・・なんかそんな役割を果たしていそうな気もします。

わたらせ渓谷鐵道花輪駅 ホームの名称不明石彫刻1 わたらせ渓谷鐵道花輪駅 ホームの名称不明石彫刻2 わたらせ渓谷鐵道花輪駅 ホームの名称不明石彫刻3

 次に紹介するのは駅前ではなくホームにあるものですが、ここにも冒頭の「うさぎとかめ」以外に石彫刻がいくつか設置されています。どれも詳細の情報が無いのですが、おそらく石彫刻展の出展作品ではないかと思います。
  1. 2022/11/13(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント831 上毛電気鉄道富士山下駅 相生常磐新道之碑&「致 穀聚山程 壹合」

 ちょっと前の記事で上毛電鉄が出てきましたが、8月にその辺りを訪問していました。ということで今回も上電から一駅ご紹介。

上毛電鉄富士山下駅 駅名標

 紹介するのは・・・”ふじさんした”・・・ではありません。”ふじやました”駅です。以前GoogleのCMで有名になった場所ですね。本当に富士山の最寄り駅として間違える人がいるのでしょうか?ご丁寧に「ここは 群馬県桐生市 です」という看板まで用意されていました。

上毛電鉄富士山下駅 相生常磐新道之碑 上毛電鉄富士山下駅 相生常磐新道之碑 上毛電鉄富士山下駅 相生常磐新道之碑 裏

 そんな富士山下駅の前には、かなり古く大きな石碑が設置されています。タイトルが金文なので解読が難しいのですが、「相生常磐新道之碑」と書かれているものと思われます。道の字が全然原型とどめてないじゃないかと思うかもしれませんが、道の”絵”からこの字ができているとかなんとか。石碑の内容についてですが、駅前にあるものの上毛電鉄とは関係が無いようで、大昔に道路が開通したことを記念する内容のようです。設置年月も「明治三十九年八月」と書かれていますので、まだ桐生が市制を施行する以前に制作されたものであることがわかります(当然ながらそのころにはまだ上毛電鉄は開業していません)。”相生”は今でも名前が残っているので、この辺りの当時の村名であることはわかりますが、”常磐”とは・・・茨城県のことではなさそうです。桐生市内に常盤町という地域が以前あり、そこのことを指しているものと思われます。石碑の本文も”常磐”と明確に書かれているのですが、なぜ”常盤”が”常磐”になってしまっているのか、その理由まではわかりません。

 そんでもって駅前の道路の向かいには・・・

上毛電鉄富士山下駅 富士山入口

 富士山入口!

・・・なんだ、やっぱり富士山の最寄り駅じゃないかー(棒)。はい、同じ名前の山です。ドラえもんに出てくる学校の裏山くらいの大きさの山ですね。階段あり頂上までの上ることができるようになっています。

上毛電鉄富士山下駅 致 穀聚山程 壹合

 流石に上まで行くつもりはなかったのですが、駅に近い入り口くらいはよく見ようと思って見つけた石碑がこちら。山のマークが上に刻まれており、その下に「致 穀聚山程 壹合」と刻まれているので、ここが山の一合目であることがわかります。本物の富士山同様、山頂までに九合目までがあるのでしょう。”富士山信仰”というものもありますが、この山を整備した方も富士山を信仰していたようですね。

・・・駅前すぐに一合目ということは・・・小さい山ということがよくわかりますね。
  1. 2022/11/06(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント830 上毛電気鉄道東新川駅 動物の像

 さて、前回前々回のモニュメント記事に引き続き、今回も駅前の動物の像を紹介します。

上毛電気鉄道東新川駅 羊の像

 まずはこちらの座り込んでいる羊さん・・・ですよね?羊ってもうちょっとモコモコ感があるような気がするのですが、石像だからでしょうか?あんまりモコモコしているように見えません。毛が刈られた羊?それとも違う動物?う~ん・・・

上毛電気鉄道東新川駅 サイの像

 次はサイの像・・・ですよね。こちらは体形もサイのそれをしていますし、顔に角っぽいものもあるのですが・・・顔が何かおかしい。鼻の部分が真っ平になってしまっています。割れてしまったのでしょうか?修繕されずに放置されているのでしょうか?なんだか少し残念ですね。

上毛電気鉄道東新川駅 公園の名前

 「動物はいいんだけど、何処なんだよ!」というツッコミが来そうなので場所を紹介しますが、今回紹介したのは前回までの山万ユーカリが丘線の駅ではなく、群馬県桐生市にある上毛電気鉄道の東新川(ひがしにっかわ)駅前の「東新川駅北公園」にある動物の像でした。まぁ・・・記事のタイトル見ればどこかはネタバレしていましたけどね。ちなみに今回紹介したものは、おそらく子供が乗っかって遊ぶための像なんでしょうね(でもサイは大切に扱ってほしかったなぁ・・・)。
  1. 2022/10/23(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント829 山万公園駅 動物の像

山万公園駅 キリンの像

 またまた山万ユーカリが丘線沿線の動物を紹介します。今回紹介するのはまず、こちらのキリンさん。どこにいるのかというと、公園駅の前です。ネタではありません。本当に「公園」という駅名なのです。ちなみにこの駅は女子大駅方面に向かった線路が再度合流するところであり、唯一乗り場が2線ある駅となっています。さて、本題に入りますが、こちらのキリン像は駅前・・・というか、駅名の由来となっている駅前の「ユーカリが丘南公園」の入り口付近に設置されています。まぁ、この像は何の動物かわかりやすいので良いのですが・・・

山万公園駅 ライオンのメスの像

 ライオンのメスでいいんだよね?

 ライオンのメスってこんなにおなかの部分真っ白でしたっけ?キタキツネはおなかと背中の色の違いがはっきりしているのですが、キツネなら尻尾が目立つだろうし・・・。それに、顔の横の縞模様はなんでしょう?オスのたてがみと考えるならば、ショボすぎるし・・・まさかトラじゃないよね?ちなみにまだら模様にも見えるけど、それは塗装のハゲだよね・・・。う~ん、たぶんライオンのメスなんでしょうけど、いらん推測ばかりが頭をよぎる(笑)
  1. 2022/10/16(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント828 山万女子大駅 動物の像

山万 路線図

 前の記事の続きです。山万ユーカリが丘線に乗ってきたのですが、この路線はものすごく地域密着型の路線であり、駅の名前も近くの施設の一般名称になっていたりしており、ちょっと面白いです。そんな小さな路線なので、駅も無人駅ばかりなのですが、駅前にモニュメントなんて・・・

山万女子大駅 動物の像 全景

 あった。

 訪問したのは女子大駅。と言っても大学があるのではなく、和洋女子大のセミナーハウスが近くにあるようです。そんなこの駅には、ちょっとした広場があり、そこに動物の像が3体設置されています。形状から察するに、子供の遊具なんじゃないかなと思います。設置者は隣のマンションでしょうか?

山万女子大駅 動物の像 馬

 一番駅舎よりにいるのはお馬さん。椅子のような人が座るスペースがあるので、やっぱり子供が乗っかる(またがる)モノじゃないかなーと思います。

山万女子大駅 動物の像 コアラ

 真ん中にいるのはコアラさん。なんというか・・・おまえ、くつろぎ過ぎだ(笑)

山万女子大駅 動物の像 パンダ

 マンションよりにいるのはパンダさん。目がギョロっとしていてちょっと怖いです。夜の真っ暗なときに見たらビビりそうです。

山万車庫 こあら3号 山万車庫 バス

 おまけの情報ですが。この女子大駅にはユーカリが丘線の車庫があり、女子大止まりの列車も設定さています。見えるところには「こあら3号」が停車していましたが、乗ってきた「こあら1号」の掲示していたヘッドマークとは異なるデザインのモノを掲示しているようでした。また、路線を保管するバスも運行しているらしく、「こあら6号」~「こあら10号」のバスが駐車されていました。「こあら1号」から連番で付番しているみたいですね。
  1. 2022/10/02(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント827 京成ユーカリが丘駅 「歡び」&コアラの銅像群 他

 新京成常盤平駅の記事に続き、優待券を使用して行った場所です。というか、こちらの方が訪問は先だったのですけどもね。ということで今回は、ニュータウン「ユーカリが丘」の千葉県佐倉市の京成本線ユーカリが丘駅前のモニュメントを紹介します。

京成ユーカリが丘駅 歡び 京成ユーカリが丘駅 歡び 森の耀き 説明 京成ユーカリが丘駅 歡び 水の燦き 説明

 まずはペデストリアンデッキのこの男女ペアの銅像。タイトルは「歡び(よろこび)」であり、それぞれサブタイトルがついていて、男性の方が「森の耀き」、女性の方が「水の燦き」と付けられています。作者は佐倉氏在住の彫刻家・久保浩氏であり、1998年(平成10年)夏の制作とのこと。ちなみに「森の耀き」では「木の葉の着物を着た大山祇」を、「水の燦き」では「水の衣を纏った天水波女」を表現しているとのこと。

京成ユーカリが丘駅 名称不明モニュメント 京成ユーカリが丘駅 名称不明モニュメント 裏

 次はペデストリアンデッキを降りたユーカリプラザ前「ひまわり広場」にあるこちらのモニュメント。丸い石が欠けていたり、真ん中に穴が開いていたりと、不思議な形状をしています。道路側と広場側両方から見てみたのですが、線のように削られている部分が麺によって異なるのもわかります。ちなみにタイトルや作者など、詳細の情報はありませんでした。う~ん、何を表現しているんだろう・・・

京成ユーカリが丘駅 コアラ像1

 次はこちら。駅の入り口の前に設置されているコアラの銅像です。ユーカリが丘は自然環境との調和をイメージさせるために、名前にユーカリを使用したとのことで、街にはユーカリを食べることで有名な、コアラのイメージキャラクターがおります。ということでここには銅像があるのですが・・・

京成ユーカリが丘駅 コアラ像2 京成ユーカリが丘駅 コアラ像3 京成ユーカリが丘駅 コアラ像4 京成ユーカリが丘駅 コアラ像5

 ペデストリアンデッキのあちこちにコアラの銅像が設置されています。同じデザインのものが複数合ったりもするのですが、手に花を持っているコアラもおります(誰が花を用意しているんでしょうかね)。

京成ユーカリが丘駅 コアラ像6_1 京成ユーカリが丘駅 コアラ像6_2

 ペデストリアンデッキの下の広場には、先に紹介している”木にしがみついているコアラ”と”丸太に乗っているコアラ”の銅像のセットが設置されています。下の部分には何か説明のような記述があったのですが、文字がほとんど消えてしまい、流石に読み解くことは出来ませんでした。

 ちなみに私がここを訪問した本当の理由は、まぁ、わかる人は「あのネタかな?」とわかるかもしれませんが・・・
  1. 2022/09/18(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅前モニュメント826 新京成常盤平駅 名所不明モニュメント×2

京成新京成 株主優待券

 うおぉぉ。こいつを使うタイミングがやってきた!ということで今回は右側の切符の会社からのネタを一つ。千葉県松戸市にある、新京成線常盤平駅前のモニュメントを紹介します。

新京成常盤平駅 名称不明モニュメント1

 まずはロータリーの真ん中に設置されているこちらの巨大な時計台。なんか過去に見たことがあるような気がしましたが、これか?確かに似ているような気もしますが、ちょっと違いますね。まぁ、ありがちな時計台モニュメントってところでしょうか。しかしながらこちらのタイトルは不明。作者などの情報もありませんでした。

新京成常盤平駅 名称不明モニュメント2

 続いては時計台の前に設置されているこちらの石像。小さな男の子が5人います(映っていませんが後ろに1人います)。どういうわけか、この男の子は全員全裸のようです(笑)。ほら!真ん中の2人!アレが見えちゃってるって!ちゃんとパンツ履きなさい!・・・という茶番はここまでにしますが、こちらの石像についてもタイトルや制作者など、詳細情報は無し。紹介するものすべてが詳細情報なしだと記事が成り立た・・・いや、それも面白いか。

新京成8800形8806F京成津田沼行き 常盤平駅にて

 ちなみに今回使用した新京成の株主優待券は、最初で最後の利用になります。というのも、新京成電鉄が京成電鉄の100%子会社になり、上場廃止となるからです。新京成はあまり散策していなかったので、最初で最後にはなりましたが利用出来てよかったです。
  1. 2022/09/04(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (835)
モニュメントまとめ (17)
鉄道 (66)
飲料 (151)
食いもん (225)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR