fc2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

食いもんレビュー216 せんじ肉 大黒屋食品 VS MDホールディングス

 今回は以前に紹介したせんじ肉についての続報です。

せんじ肉 大黒屋食品 VS MDホールディングス1 せんじ肉 大黒屋食品 VS MDホールディングス2

 左側は以前に紹介した大黒屋食品が提供しているものです。が、パッケージがちょっと違うのがわかるでしょうか?これは広島県で買ったものではなく、都内のローソンストア100で売られていたものです。どういう経緯かわかりませんが、ローソンストア100では普通のせんじ肉と砂ずりの2種類が、小袋100円で売られていました。た。はい、過去形です。都内数店舗回りましたが、ここ数か月で販売終了してしまった模様です。 一方で右側はMDホールディングスという会社が提供しているもので、スギ薬局で見かけました。こちらはもう少し量が多く、200円くらいはしましたかね。

せんじ肉 大黒屋食品 VS MDホールディングス3

 ちなみに中身はこんな感じ。小袋だからか、大黒屋の方はサイズが小さめになっていました。過去の記事のものを見る限り、広島で売られているオリジナルサイズのものはもう少し大きかったような気がします。一方MDの方はちゃんとしたサイズです。肝心の味についてですが・・・大黒屋のほうが塩気が濃く、噛み切りやすいです。MDの方は随分かまないと味が出てこないのですが、硬めであり噛むのに力が要るような感じでした。う~ん、やっぱり地元広島の会社が製造している方が、やはり美味しいなぁと思ってしまいました。
スポンサーサイト



  1. 2022/01/09(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー216 五木食品「ナポリ風スパゲティ」

 特に九州へ行ったわけではないのですが・・・

五木食品 ナポリ風スパゲティ

 五木食品の常温生めんスパゲティを見つけたので買ってみました。くまモンが目立っていますが、五木食品は熊本の会社であり、ここの商品は九州でよく見かけるのですが、関東では少ないです(全くないわけではないですが)。ちなみに同様の商品として、タカモリ「濃厚ナポリタン」タカモリ「マルメイナポリタン復刻版」宮本産業「ソフトスパゲティ」を紹介しています。タカモリこと高森興産は五木食品に吸収合併されたので、現在はタカモリブランドも同じ会社から販売されています。とはいえ、3食入りしか残っていないようですけどね・・・

五木食品 ナポリ風スパゲティ 材料

 調理方法はフライパンと電子レンジの2種類。とはいえ、電子レンジで作る場合、ほぼ具なしになるよねぇ・・・。材料については今まで紹介してきたものと大差はなさそうです。「スパゲティ」って言っちゃっているけども、当然ながら麺は「ソフトめん」です。だが、それが良い!

五木食品 ナポリ風スパゲティ 調理例

 調理例はこんな感じ。色が白っぽいのはソフト麺だからでしょうか?それとも具材を入れすぎてソースが薄まっちゃったのでしょうか?今まで紹介した他のものと比べると、麺の色の赤っぽさが目立ちます。他は朱色っぽくなりますからね。味についても少し酸味が感じられたかな?気のせいかな?いろいろな種類のナポリタンを食べちゃっているので、これだけの特徴を述べるのはちょっと難しいかも。
  1. 2021/11/07(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食いもんレビュー215 サンサス「きねうちラーメン」で鯛だしラーメン

 買いだめしていたロングライフうどんがなくなってしまったのですが、いつも買っていた文化堂で見当たらない・・・。どこかに売っていないもんかと思い、探してみたのですが・・・

サンサス きねうちラーメン サンサス きねうちラーメン 原料

 ラーメンを見つけました。

 製造しているのは秩父の「サンサス」という会社。「きねうち麺」というブランドで販路を構築しているようですが、今回紹介するラーメンは、ホームページの商品紹介にはありません。どうやら業務用商品の扱いとのこと。ちなみに1玉98円だったので、冷蔵生めんよりは若干高めの設定。なお、かんすいを使用していないため、分類は「中華風うどん」とのこと。うどん?うどんねぇ・・・

 ちなみにこの麺、スープはありません。自分で調達しないといけないのですが・・・

真鯛の兜煮 真鯛の兜煮 余った煮汁

・・・ちょうど真鯛のアラが安かったので、兜煮・アラ炊きを作って、余った煮汁をスープにすればよいではないかと考えました。ちなみに味付けは結構適当で、醤油:みりん:酒を1:1:1くらいにしていたかな?一晩冷蔵庫に入れたら見事なゼリーになりました。ちなみにこのままだとしょっぱすぎるので、ちょっと薄めてスープを作りますが、鯛の出汁は効いているので特段それ以外は何も味付けしません。

 ちなみに調理方法は、麺を1回40秒ほど湯がいて水洗いし、ラーメンスープに30秒ほど入れて茹でるとのこと。そのまま入れられないのはちょっと面倒ですが、ラーメン系は粉落とししないといけないので、仕方がないですかね。

サンサス きねうちラーメン 鯛だしラーメン

 そんでもって出来上がりはこちら。カマが2つあったので1つ乗せてみました。肝心の麺なのですが、ちょっと色がラーメンっぽくないです。というよりもやはり中華麺ではないからか、透き通った感じになっています。食感・味もラーメンという感じはあまりしなかったですね。なんでしょう、スープの味が濃すぎたところもあるでしょうか?う~ん・・・

 「中華風うどん」ということは、意外とラーメンスープじゃなくて和麺スープに合うのかも。こういうやつとかの方が合っているのかもしれませんね。
  1. 2021/09/26(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー214 日本ハム「チキチキボーン鶏かわチップス」

 今回のつまみ。スーパーで見つけて衝動買いしてしまいました。

日本ハム チキチキボーン鶏かわチップス

 肉売り場の横に置いてありました。日本ハムの「チキチキボーン鶏かわチップス」です。「チキチキボーン」は手羽元のから揚げとして、チルドコーナーで売られていますが、今回のものはから揚げではなく皮チップス。ということで常温のまま置かれていました。ちなみにお値段は198円なので、サイズなどを考えると結構高めでしょうか?

日本ハム チキチキボーン鶏かわチップス 材料

 裏面には材料などが書かれていますが、一応「そうざい」の分類に入るんですね。チップスなのでお菓子の分類だと思っていました。原材料にはちゃんと鶏かわが書かれています。まぁ、鶏肉の偽肉ってあまり聞いたことないですね。>大豆の偽肉で牛肉っぽい味にすることが結構ありますけど。

日本ハム チキチキボーン鶏かわチップス 中身

 開けてみたところ中身はこんな感じ。見た目だけはから揚げに似ていますが、カラッカラに揚がっていて水分は抜けています。私も余った鶏の皮をよくから揚げにしますが、ここまでカラッカラに揚げることができず、むしろシナシナになってしまい嚙み切りにくくなってしまいます。味についてはチキチキボーンの味つけとなっているので、コショウが利いていて少し辛め。しかしカルパスとかビーフジャーキーなどと比べると、塩気は薄目でしょうか?いや、それらの塩分が高いだけかもしれませんが・・・。個人的にはちょうどよい塩気のように感じました。

 結構よさげだったのですが・・・やはり値段がちょっとなぁ~
  1. 2021/07/04(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食いもんレビュー213 ビッグカツ5種類食べ比べ

 以前カルパス7種類食べ比べなるものをやってみましたが、今回もおつまみ系?を食べ比べます。

ビッグカツ5種類食べ比べ ビッグカツ5種類食べ比べ 会社・材料表記

 今回は「ビッグカツ」の5種類を食べ比べすることにしました。おつまみというか、駄菓子ですわね。これをやろうとしたきっかけは、たまたま立ち寄ったショッピングモールに品数豊富な駄菓子屋さんがあり、5枚そろえることができたことと、以前からメーカーのによる違いが気になっていたのでやってみることにしました。

 エントリーしているものを順番に紹介します。まず一番上のものが「キャベツ太郎」「餅太郎」などの駄菓子を製造している菓道さんの「BiGKatsu」です。ウチの近所だとこれが一番メジャーですかね?私がいつも食べているのはこれです。二番目のものはおつまみメーカーとして有名どころである、なとりさんの「ソースカツ」です。これはあまり見かけないような気もします。なとりさんのカツは100円で数枚入っているのがメジャーですからね。三番目以降はどれも広島県のおつまみメーカーである、すぐるさんのものになります。そう、広島駅の売店で見かける「カープかつ」の会社です。そんなすぐるさんからは、オーソドックスな「ビッグカツ」と、「プレミアムハムカツ屋さん」、「名古屋みそカツ」の3つがエントリー。最後は味が違うのでわかりやすいですが、どんな違いがあるでしょうか?

ビッグカツ5種類食べ比べ 中身

 まず、開けて並べてみたのですがすでにこの時点で差がありますね。ソースのかかり方なのですが、菓道さんは縦、なとりさんはまだら、すぐるさんは横に掛かっています。すぐるさんの「ビッグカツ」はソースなしですかね?ちなみに食べてみての感想は以下の通り。

①菓道「BigKatsu」
カレー味。甘め?衣はしっとり厚め、すり身は柔らかめ。

②なとり「ソースカツ」
少し肉っぽい味で、若干ピリ辛(しょうがっぽいような)。衣もすり身も硬め。

③すぐる「ビッグカツ」
カレー味。衣もすり身も硬め。若干甘い。

④すぐる「プレミアムハムカツ屋さん」
確かにハムっぽい味がする。衣とすり身は少し柔らかめ。ソースは甘めだがとことなくピリ辛。

⑤すぐる「名古屋みそカツ」
衣は若干柔らかめだが、すり身は硬め。味噌の味がはっきりとわかり、差別化ができている。味噌の味が強いのですり身の味がよくわからない。

 ④と⑤は流石に味の系統が違うので、はっきりとその差がわかりました。①と②はどちらもカレー味なのですが、すり身や衣の柔らかさに大きな違いがありますね。②はオーソドックスなところとしてはカレー味”ではない”ところが特徴でしょうか?ちなみに柔らかさは菓道さんがダントツでしたね。1つだけしっとりとした食感でした。

 これ以外にもビッグカツはどこかにありそうですが、揚げ物系のお菓子なので、あんまり一度に食べすぎるのもそれはそれでツライ(笑)。5枚くらいが食べ比べするにはやっぱり限度かなーって思いました。
  1. 2021/05/02(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー214 日南工業「鱈らーめん」

 遠出をしていないどころか、一年近く外食をしていません。そんな中、今回はラーメンのお話・・・いや、お店のラーメンではありませんが。

日南工業 鱈らーめん

 今回紹介するのは「鱈らーめん」というラーメンです。これは以前紹介した富士菊の「焼きあごだしうどんと同じく、ふるさと納税の返礼品として秋田県にかほ市から届いたものでした。にかほ市といえば、松尾芭蕉が訪れたり南極探検隊の記念館があったり梟の石像があったりするところです(ん、最後だけよくわからんって?)。秋田県と言えば「しょっつる鍋」が有名ですが、このラーメンは「鱈しょっつる」というタラの魚醤をスープに使用しているものとのこと。しょっつると言えば、ハタハタが有名であり、タラのしょっつるは珍しいものらしいです。ちなみに”しょっつる”を漢字で書くと、”塩魚汁”となります。

日南工業 鱈らーめん 調理方法

 あんまりメーカーとか調べずに買ったのですが、販売元の日南工業は、醤油の醸造メーカーであり、真鱈のしょっつるを作っているところのようです。

日南工業 鱈らーめん 中身

 箱の中身はこんな感じで、低温ミストの”熟成乾麺”と”しょっつるラーメンスープ”が4食分入っています。さて、これを食べるのですが、せっかく「鱈ラーメン」なので、鍋を食べるときに余って冷凍していた真鱈のあらを焼いてのせることにしましょうか。

日南工業 鱈らーめん 調理例

 ということで出来上がりはこんな感じ。麺は普通のインスタントラーメンのような油揚げ麺ではないので、生めんに近い食感が楽しめます。スープはかなり明るい色をしており、「麺づくり」とか「麺職人」の塩味よりも明るいような気がするくらいなのですが、塩ラーメンよりも醤油っぽい味が確かにしますね。ちなみに具としてワカメはマッチしますね。チャーシューは、焼きすぎたな(笑)。ちなみに真鱈のあらは・・・ラーメンの具としてはちょっと合わなかったかな・・・。

 まだまだコロナの終息が見込めないので、当分先まで遠出はできなさそうです。う~ん、ストレスが溜まりますねぇ(;´Д`)
  1. 2021/02/28(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー213 カルパス7種類食べ比べ

 年末どこにも行かなかったので、ちょっとした企画をやりました。

カルパス7種類食べ比べ

 あちこち行ってバラ売りのカルパスを7種類集めまして、食べ比べをしてみたのです。サラミじゃありませんよ。サラミはイタリア発祥で牛肉と豚肉を使用しているのに対し、カルパスはロシア発祥で牛豚に加え鶏肉も使用しています。今までお酒のつまみとして個包装のものを別々に食べていたりしていたのですが、味の違いとか食感の違いとか気になっていたので、いっぺんに数種類食べてみることにしたのです。ちなみに、おすすめはしません(笑)。脂身部分が多いので、良い子は絶対にマネしないように(笑)

カルパス7種類食べ比べ 大3種類 カルパス7種類食べ比べ 大3種類原材料

 大きいサイズのものは3種類を調達。1つ目は某ディスカウントスーパーで売られていた銀河フーズさんの「銀河のドライ」です。2つ目はあちこちのスーパーでよく見かけるプリマハムさんの「まるかじりカルパス」です。3つ目はマツモトキヨシで見つけたのですが、おつまみカンパニーという会社の「ドライカルパス」です。おつまみカンパニーは販売会社であり、製造者は別に表記されていたのですが、それによれば楯岡ハムという会社が製造しているようです。実はこの会社、イオンのPBのカルパスも製造している会社なので、今回イオンのものはあえて購入しませんでした。

カルパス7種類食べ比べ ヤガイ4種類 カルパス7種類食べ比べ ヤガイ4種類原材料

 次はヤガイさんの駄菓子タイプのものを4種類揃えています。右の細長いのは1本30円くらいで売られている「ペンシルカルパス」です。そして左側に2つずつあるのが、1本10円の「おやつカルパス」です。上から普通のもの、スモーク味、焦がししょうゆ味です。焦がししょうゆ味はトンキホーテ限定らしく、これを食べる当日にたまたま見つけました。ちなみに私は「おやつカルパス」を箱買いして常備しています。ちなみに今回は対象にしませんでしたが、カレー味というのもあります。

カルパス7種類食べ比べ 切った

 さて、開けて切ってみましたが、こうやってみると違いが結構わかりますね。そんなわけでいざ実食。年末だってのに秋味飲みながら評価していきます。

【評価】
①銀河のドライ
丸い。硬めでこの中では一番硬い。味はあっさりめで癖がないので食べやすい。

②まるかじりカルパス
塩気は薄いがハムのような味が濃い。脂身も多い。しわが目立つがそれはやわらかい証拠か?銀河のドライよりやわらかめ。肉質が一番やわらかい

③ドライカルパス
硬さは銀河のドライと同じくらい。胡椒が入っているのがはっきりとわかるくらい後味もスパイシー。唐辛子も入ってる?肉の味は銀河のドライ同様あっさりめ。

④ペンシルカルパス
ん?上から数えて四つ目なのだが、なんとなくさきいかというか、いかくんというか、そんなような味付けのように感じるぞ?
色はまるかじりカルパスと同じくらい暗め。おやつカルパスよりも若干硬いか?

⑤おやつカルパス
味は銀河のドライに近いか?あっさり目の味だが、銀河のドライより若干柔らかく、肉の味がわかりやすい。若干燻製っぽさが鼻を通る。

⑥スモークおやつカルパス
燻製の香りがかなり強い。なんとなく普通のおやつカルパスよりも塩気が強く感じる。

⑦おやつカルパス焦がししょうゆ味
一口ではわかりにくいが、食べ比べると醤油の味がはっきりとわかる。スモークと比べるとどことない甘みが感じられる

とまぁ、こんな感じです。個人的には「おやつカルパス」か「スモークおやつカルパス」が好みですね。箱買いすれば単価も下がるので最高です!
  1. 2021/02/07(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー212 宮本産業「ソフトスパゲティ」

 昨年7月に九州で豪雨がありましたが、その時に食べていたもののお話。

宮本産業 ソフトスパゲティ 宮本産業 ソフトスパゲティ 原材料

 宮本産業という会社の「ソフトスパゲティ」という商品です。以前似たようなコンセプトである、タカモリ(いつの間にか五木食品と合併していた・・・)の「マルメイナポリタン復刻版」という商品を紹介しましたが、今回の会社も同じく熊本県にある会社のようです。九州で出回っている商品なのかな・・・ちなみに購入したのは神奈川県某所のドンキでしたが。ちなみに記事にしようかと思ったタイミングで豪雨が発生し、熊本県内の被害が大きかったため、今の今まで見合わせをしていました。ちなみに「ソフトスパゲティ」と言っていますが、給食で出てくる「ソフト麺」と同じものでしょうね。ソースは粉末タイプのようですが、原材料表記を見る限りかなりたくさんの粉末を使用しているようですね。トマト、たまねぎ、パプリカ、こしょう、しょうが、唐辛子、シナモン、ナツメグ、フェンネル、クローブ、セージ、タイム、カルダモン・・・13種類ですか。最後の方は香辛料セットみたいなものですかね、原材料そろえるだけでも大変そう!

宮本産業 ソフトスパゲティ

 調理例はこんな感じです。調理方法は具材を炒めて麺を入れ、ソースを入れるだけなので焼きそばと同じですね。私はベーコン、ニンジン、キャベツ、玉ねぎを入れてみました。麺はソフト麺なので、普通のスパゲティより柔らかいのはタカモリと同じです。ソースの味については、意外と甘めでしょうか?香辛料とか入っているのですが、日本人の口に合うような味のようにも思えました。

 ちなみにこの商品にはカレー味もあるのだとか。近場で手に入るかな・・・それも食べてみたいですね。
  1. 2021/01/24(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー211 ホテイフーズ 「からあげ 和風醤油味」

 え~と、本年初の更新となります。本年もよろしくお願いいたします・・・でもまだ年明けの感がないなぁ・・・さて、今は何月何日でしょう(小遊三師匠風)

 今回は某所のスーパーで面白いものを見つけたので紹介します。

ホテイフーズ からあげ 和風醤油味

 「からあげ 和風醤油味」 という缶詰です。からあげの缶詰ってなんだ?

ホテイフーズ からあげ 和風醤油味 イメージ ホテイフーズ からあげ 和風醤油味 原材料

 側面のイメージはこんな感じ。これは普通のから揚げの写真かい?ちなみに製造元は「やきとり」の缶詰で有名なホテイフーズさんであり、おなじみのおじさんの絵も描かれています。

ホテイフーズ からあげ 和風醤油味 中身

 さて、中身についてみていきますが、開けてみたところはこんな感じ。馬鈴薯で衣を作っているようなので、から揚げよりも竜田揚げに近い感じでしょうか?一切れは小さく、焼き鳥と同じサイズですね。缶の中に液体がないのが個人的には新鮮に感じます。

ホテイフーズ からあげ 和風醤油味 中身アップ

 アップにするとこんな感じ。衣はあまり厚くなく湿っていますね。肝心の味ですが・・・肉の味は焼き鳥と同じですかね。衣があるので一応口に入れた瞬間の食感はから揚げっぽいところもありますが、よく噛んで食べ進めると、焼き鳥っぽさが出てきます。本来焼き鳥の塩ってタレついてないですよね。缶詰の「やきとり」の塩味は塩ダレに漬かっているので、本来の焼き鳥の塩とはだいぶ異なるのですが、この「からあげ」の缶詰は「やきとり」よりも焼き鳥に近い感じがしました。

 中身を出して、オーブントースターとかで少し焼いてみたら、いろいろ変わるかもしれないですね。今度見かけたら試してみたいです。
  1. 2021/01/03(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー211 五木食品 「五木庵 ブラックカレーうどん」

 ちょっと前にロングライフうどんの記事を書きましたが、今回もロングライフうどん。でもふるさと納税ではありません。

五木食品 五木庵 ブラックカレーうどん

 五木食品の「五木庵 ブラックカレーうどん」を紹介します。五木食品「五木庵」のカレーうどんは、以前にも紹介していますが、その時のものは普通のカレーうどんでした。今回のものは「ブラック」ということで少し味が違うみたいです。ちなみに五木食品のロングライフうどんは九州でよく売られているものであり、ほかの地域ではあまり見かけません。今回のものも九州・・・ではなく都内で買いました。

五木食品 五木庵 ブラックカレーうどん 材料

 原材料とか見てもあまり差は分からないと思いますが、気になる表記としては電子レンジでの調理でしょうか?どんぶりに麺を開けて水と粉末スープを入れ、レンチンするようです・・・流石に試す勇気はないので、私は普通に鍋で調理します。

五木食品 五木庵 ブラックカレーうどん 調理例

 調理例はこんな感じ。確かに普通のカレーうどんと比べると、色は少し黒めでしょうか。具を入れすぎたせいでカレー梅雨の部分がわかりにくくなっちゃいました。ちなみに味の方についてですが、こちらは普通のカレーうどんより少しスパイシーな感じがわかりましたね。黒なので胡椒系の何かが入っているのかと思ったのですが、原材料には”香辛料”としか書かれていないですね。着色料にカラメル、ココア、ん?ココア?ココアの味はしなかったぞ(笑)

・・・これがいわゆる隠し味ってやつなのでしょうか・・・
  1. 2020/12/06(日) 03:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (803)
モニュメントまとめ (17)
鉄道 (65)
飲料 (142)
食いもん (220)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR