思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

食いもんレビュー141 Kawajiキッチン なすの揚げびたしパスタ

 前回の記事で長野県飯田市のJR川路駅前のモニュメントを紹介しましたが、丁度そこを訪問した時間がお昼ごはんのタイミングだったで、近くを散策することに。駅前にセブンイレブンがあるので最悪そこで買えばいいやと思いつつ歩き出したら、すぐにお店を発見。

Kawajiキッチン 外観

 ダイニング&カフェ「Kawajiキッチン」という、ちょっとお洒落なお店が駅前にありました。まぁ、地方の無人駅ですし、他にお店もなさそうなので入店決定。お店に入るとお昼時ということもありますが、店内はほぼ満席状態。家族連れの人などが結構多く入店していました。

Kawajiキッチン なすの揚げびたしパスタ

 そんな中注文したのは「なすの揚げびたしパスタ」。こういうお店って、パスタ1皿でも結構するよね・・・(これも900円超えでした)。同じ値段のものは他にもありましたが、数日旅に出ていて野菜不足だったので、せめて茄子くらい食べたいなと思い注文しました。茄子については衣があるのかとも思ったのですが、素揚げで入っていました。天ぷらやフライなどの揚げものですと結構重量級になりますが、素揚げだったので結構さっぱりしており、非常に食べやすくてGoodでした。ソースの味は醤油ベースの味であり、上手い具合に和風テイストに仕上がっていましたね。

 値段はまぁパスタ屋さんなので、一般的なのかもしれませんが、お店の立地や1皿のボリュームを考えると丁度良いくらいかなと思いました。お昼時に混む理由もなんとなくわかったような気がします。あとどうでもいいことですが・・・素揚げって結構良い調理法ですね・・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2017/11/10(金) 09:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食いもんレビュー140 宝夢蘭 ラーメン

 前回の記事で磐越西線に乗っているということがわかるかと思いますが・・・やっぱこの辺きたら喜多方でラーメン食うわな・・・

 今回は滞在1時間。今まで行ったことがない「食堂なまえ」に最初行こうとしたのですが、近くまで行って行列になっているので取りやめ。近くの他の店に入ろうと歩いていたら・・・

宝夢蘭 看板

・・・遠くでもラーメン屋の位置がよくわかる・・・「あ!ラーメン屋だ」って(笑)

宝夢蘭 外観

 今回訪問したのは「宝夢蘭」というお店。斜め前には元祖喜多方ラーメンこと「源来軒」があるのですが、ここは入ったことが無かったので今回はこちらにすることにしました。ちなみにお店の読みは「ホームラン」で、店主が野球好きなのだそうです。実際私が入店した際にも、児童野球か何かの結果を気にしているようでした(笑)

宝夢蘭 ラーメン

 ラーメンは1杯650円。他のラーメンではあまり見られませんが刻み海苔が入っているのが特徴的です。スープは出汁よりも醤油が少し濃い感じでしょうかね。麺は喜多方ラーメン標準の平打ち縮れ麺ですが、スープの醤油が濃い目だからか、麺も茶色く色づきやすくなっているような気がしました。そして一番気に入ったのはチャーシュー。バラチャーシューで、決して厚みがあるわけではないのですが、濃厚な醤油の味がついていました。どうやら醤油のタレに一度つけてからラーメンに乗せているみたいですね。

 シンプルなつくりのラーメンで出汁は淡白でしたが、チャーシューなどから醤油の味が少し強い一杯に感じましたね。
  1. 2017/10/22(日) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

食いもんレビュー139 日新堂製菓 みそぱん

 前回の話とはあまり関係ないけど、飯山線の車内で食べたものでも記事にしますかね。

日新堂製菓 みそぱん 日新堂製菓 みそぱん 原材料

 日新堂製菓さんの「みそぱん」です。みそぱん・・・同じ名前のものが福島県で売られているのを知っている(というか、何度か食べたことがある)のですが、そのみそぱんは蒸しパンのようなもので、中に味噌の塊がぼちぼちあるようなものでした。しかし今回購入したものは、蒸しパンとは程遠い、平らで薄いものになっています。

日新堂製菓 みそぱん 中身

 中身はこんな感じ。袋に表面がくっついてしまい、少しはがれてしまったのはご愛嬌。”ぱん”と名乗っていますが、結構頑丈に作られており、ちょっとの衝撃では潰れなさそうです・・・というか、最初から潰れていると言えなくもない・・・・。実際に食べてみたところ、食感としては”そばぼうろ”に近く、パンというよりもお菓子のような感じですかね。味については確かに味噌っぽさはあるものの、福島のもののように塊があることも無いので、何も知らない人が食べたら味噌かどうかはわかりにくいかも。でも味噌って言われると納得するような味ですかね。

 ちなみにこのタイプの”みそぱん”は北海道や仙台にもあるらしい。また、群馬にはこのタイプでも、福島のタイプのものでもない、まさにパンに味噌が塗ってあるものが売られているらしいです・・・ゴクリッ。
  1. 2017/10/15(日) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食いもんレビュー138 味の坊 豚味噌ちゃんこラーメン

 5月に愛知で買ってきて紹介し忘れていたものが1つありました。

味の坊 豚味噌ちゃんこラーメン 味の坊 豚味噌ちゃんこラーメン 原材料

 味の坊という会社が販売している「豚味噌ちゃんこラーメン」というインスタント袋ラーメンです。「味の坊」は、味噌や塩麹などの調味料を販売している会社で、本拠地は大阪にあるようす。いろいろな地域の味噌を販売しているようですが、今回のものは名古屋に本拠地がある調味料メーカー「イチビキ」の味噌を使用したラーメンらしいです。調理方法は普通のインスタントラーメンと同じですが、「豚肉や野菜を加えるとより一層おいしく召し上がれます。」という記述があったので、今回は麺と一緒に豚肉と適当な野菜を一緒に煮てみました。

味の坊 豚味噌ちゃんこラーメン 調理例

 調理したらこんな感じにできます。スープの表面の油が反射してわかりにくいですが、スープの色は味噌汁っぽい色をしています。というか、味も味噌汁に近い感じで、みそのまろやかさが強い一方、出汁の味は薄めになっています。でも味噌味の系統としてはサンヨー食品の「和ラー」と同じで、和風と言えますかね。悪くは無いと思います。麺は普通のインスタント麺の乾麺と同じです。豚肉と野菜と一緒に煮たのですが、普通の麺であるがゆえに少し長めに煮たのでやわらかくなりすぎてしまいましたね。でもそうしないと具にスープの味が染み込まないんだよなぁ(特に人参が)。

 総評としては麺に少し工夫が欲しかったところですが、まぁインスタントラーメンなので難しいところでしょうかね。
  1. 2017/10/03(火) 18:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食いもんレビュー137 らーめん味山河 上星川店 塩拉麺&炙り豚のご飯

 7月のお話。紹介するの忘れてた。

ラーメン味山河上星川店 外観

 相鉄に新型が入ると聞きました。新型が入るということは旧型が置き換えられるとことなので、7000系を撮影しに行こうかなと思い、羽沢を越えて上星川までやってきました、丁度お昼時だったので、駅前にある「らーめん味山河 上星川店」に入店することに。上星川店と名乗っていますが、上星川以外にはなさそうです。このお店の基本のラーメンは値段を見る限り、醤油と塩になるようだ。ということで「塩拉麺」を注文したのですが、流石に腹が減ったのでランチメニューとして「炙り豚のご飯」というミニチャーシュー丼を注文することに。

らーめん味山河 上星川店 塩拉麺&炙り豚のご飯

 出てきたものはこんな感じ。ラーメンについては魚介出汁ということですが・・・確かに魚介かな。なんとなく日高屋の中華そばに系統が似ている気もしますが、それは表面に脂の膜ができているからかな・・・味は醤油と塩で違うんだけどね。肉は流石にこだわりがあるようで、1切れでもそこそこ厚みがあって食べ応えはありました。チャーシュー丼のほうですが、こちらは柚子をたれに入れているのかな?そんな柑橘系の味がちょろっとしましたが、バラチャーシューにアクセントがついていました。

 全体としてはちょっと脂っこさが気になったかな。サッパリ系の店というよりも、案外コッテリ系と言えるかもしれません。
  1. 2017/09/19(火) 18:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー136 あみだそば遊歩庵 おろしそば

 福井で飯を食おうかと考えたとき、福井はそばだなと頭に浮かぶ。福井駅なら駅構内の「今庄そば」が有名ですが、せっかくなので外へ出ることに。

あみだそば遊歩庵 外観

 そんなわけで駅前の商店街にある「あみだそば 遊歩庵」というお店に入ることに。「あみだそば」というお店は近くにもう1件あるのですが、のれんわけによる分店なのでしょうかね。お店に入るとメニューは「おろしそば」のみ。小・並・大の3種類はあるものの、他のメニューは無いそば1本で商売しているお店です。選ぶも何も無いので、普通に並盛り(800円)を注文することに。

あみだそば遊歩庵 おろしそば 並

 出てきたものは大根おろしがたっぷり入ったつゆと、平打ちのそば。そばにはちょっとしたかやくとして、ネギとかつおぶしが乗っています。つゆが小さい器に入っていたのでつけそばだと思い、そばをつゆにつけて食べたのですが・・・辛い。結構辛いじゃありませんか。普通の大根をおろしたのではなく、辛味大根をおろしたのでしょう。辛さが強くてそばの味が良くわからなかったでござる・・・

 ちなみに本来はこのつゆを麺のぶっかけて食べるのが正しいようです。まぁ、普通おろしそばって麺の上に大根おろしが載ってますからねぇ。ただ、このつゆをぶっかけても大根おろしが辛いのには変わりないと思うので、そばの味がちゃんとわかるのかどうかは気になるところ。これはもう1度訪問して確認したほうがよさそうです。
  1. 2017/08/27(日) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー135 前田製菓 あたり前田のクリケット

 北陸で買ったものを・・・

前田製菓 あたり前田のクリケット 前田製菓 あたり前田のクリケット 原材料

 って、北陸じゃないやん!

・・・というツッコミは百も承知。でも買ったのは七尾駅前のスーパーなんだもの。ということで今回紹介するのは大阪にある前田製菓の「あたり前田のクリケット」です。前田製菓といえば「あたり前田のクラッカー」は有名で、関東では100円ショップなどでも見かけるほどあちこちで売られていますが、「クリケット」は関東では見かけたことが無い気がします、というか無い!無いから買ったのだ!でも何でクリケット?クリケットって球技だっけ・・・

 中身について一個取り出して撮影しようと思ったら小さすぎて接写できなかったよ(笑)。ということで文字で書いていきます。形状は直径1cmくらいの半球状で、見た目はなんとなく山崎製パンの「スイートブール」をミクロサイズにしたような感じ。しかしこちらは底?の平らな面に網目状の焼き目みたいなのがあります。味・触感は基本的にビスケットなので硬めで甘い。なんとなくありきたりなハードビスよりも甘さが若干強いような気がしました。そして何より100円くらいの値段なのに1袋110g!全部食べると結構お腹にたまってきますね。

 そんなわけで関東民の方!見かけたら食べてみてください。関西の方は・・・買えてあたり前田よね~(実際どうだか知らんが)。
  1. 2017/08/20(日) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー134 らーめんかっちゃん ざるらーめん

 京成立石周辺をうろうろしていたときに、昼飯を食べようと入ったお店のお話です。夏場ゆえ「汗をかいたので塩分補給しないといけないからラーメンだ」といういいわけ合理的な理由をもとに、周辺のラーメン屋を探すことに。でもチェーン店っぽいのはなんだかなぁ・・・とか思いながら歩いていたら、こんなお店を見つけました。

らーめんかっちゃん 外観

 商店街の中にある「らーめんかっちゃん」というお店。今流行の家系ラーメン屋とはかけ離れた、昔ながらのラーメン屋という外観が良い感じ。ということで早速入店することに。個人的にはラーメン屋に入ったら王道の「ラーメン」を注文するのが基本なのですが、この日は気温がかなり高かったので断念。お店の入り口にも貼り紙がされていた「ざるラーメン」(500円)にすることにしました。よくスーパーの生めん売り場でざるラーメン系統の物を見かけることはあるのですが、お店で食べるのは初めてかもしれないです。

らーめんかっちゃん ざるラーメン

 そんでもって出てきたものがこれ。ちゃんとざるに乗せられている点で、どこぞの立ち食いそばチェーンなどとは違います(笑)。麺は細くて縮れの強い卵麺で、なんとなく札幌のラーメンに使われていそうな感じの麺です。スープがない分麺の量は少し多めになっているのがうれしいところ。具はメンマ、刻みチャーシュー、ワカメの3種類で、自分のタイミングでつけ汁に入れます。つけ汁はしょうゆラーメンに近い味(鶏ガラ?)のものですが、ざるラーメン用に酢が少し入っていますかね。実は私は酸っぱいのはあまり好みではなく、今の時期に酸味の強い冷やし中華を食べることはないのですが、このつけ汁くらいの酸味だったら弱めなので大丈夫ですね。

 総評としてシンプルな感じではありますが、500円という価格なのを考えると比較的よいほうかなと思いました。
  1. 2017/08/08(火) 18:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー133 半田食品 手延ふし麺

 8月ですね。まさに素麺の季節の到来と言った感じです。そんな中私はスーパーの見切り品コーナーに見慣れないものがあったので、買ってしまいました・・・数ヶ月前に(笑)

半田食品 手延ふし麺 半田食品 手延ふし麺 材料

 半田食品の「手延ふし麺」です。いわゆる素麺を作るときに発生する端っこの「ふし」の部分だけを販売しているのです。ふし自体はこの半田食品のものに限らず、他のそ素麺メーカーも販売しているのを良く見かけますが、私自身買ってみたのは初めてでした。ちなみに半田食品は徳島県美馬郡つるぎ町半田(旧・半田町)にある会社で、ここは「半田素麺」という素麺の産地として知られています。
 さて、このふし麺ですが、裏面を見るとゆで時間は5~6分であり、【みそ汁】や【澄まし汁】の具として、【サラダ】や【ケチャップ和え】として使用するのを推奨しています。そんな中私は・・・

半田食品 手延ふし麺 調理例

 普通に煮てやりました!さてコレが吉と出るか、凶と出るか・・・。麺自体は素麺というよりも、きしめんに近いくらいの太さになっています。でも太いけど薄い・・・そんな感じです。そしていざ箸で食べようとすると・・・つる・・・つる・・・つかめない・・・。結局レンゲを持ってきて掬うようにして食べました。う~ん、どうやら普通に煮て打ち込みのうどんのようにして食べるのはダメなようですね。あくまでも主食ではなく、具として使用するもののようです。

 ということでみそ汁やスープなどの具に、いかがでしょうか(苦し紛れ)・・・
  1. 2017/08/01(火) 18:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食いもんレビュー132 たつ屋 とりどん

 なんとなくお昼の時間帯に新宿にいたので、以前ここでも紹介した「たつ屋」でメシを食おうかと思い、行ってみることに。ローカル牛丼店は苦戦しているところも多いですが、ここは新宿駅前ということもあり、入店時も結構お客さんが入っていました。

 前回訪問したときは「牛どん」を注文したのですが、どうやらこのお店は「とりどん」がウマイらしい・・・。ということでとりどんを注文することに。牛どんが350円なのに対し、とりどんは400円。牛肉より鶏肉の方が高い気がするけど・・・どうやらとりどんは牛どんより手間がかかるらしい。カウンターの中を見ていたのですが、牛どんは大鍋で煮ていて、注文を受けたらすくって乗せるだけなのですぐに出てきます(実際2人くらい後に入って人の牛どんがすぐに出てきました)。しかしとりどんの作業工程を見ていると、小さい鍋で1人分を調理してる!注文を受けてからの作業があるみたいですね。

たつ屋 とりどん

 そんでもって出てきたのがコレ。ポップには「ジューシー」と書いてあったので、から揚げの油がジューシーなのかと思いきや、ジューシーなのは小鍋でだしつゆみたいなもので煮ていたからでした。そんなわけでご飯はだしつゆが染み込むので、デフォルトでつゆだくになるようです。から揚げは普通のから揚げよりも衣が薄いかなと思うのですが、意外とつゆとのマッチングが良く、衣がしおれても衣部分があまり多くない分、しおれ具合は結構よい感じ。ちなみにご飯とから揚げの間には少し刻みのりが乗っています。

 総評としては、確かに人気になりそうな品だなぁという印象。どこぞの学食のから揚げ丼よりいい感じかねぇ。
  1. 2017/07/21(金) 09:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (533)
モニュメントまとめ (11)
鉄道 (62)
飲料 (91)
食いもん (141)
俺用メモ (3)
未分類 (8)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR