思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

食いもんレビュー123 麺屋騎士 つけ麺

 今回は東京都板橋区にある東武東上線ときわ台駅の近くのお店から紹介。

麺屋騎士 外観

 今回紹介するのは、東上線の線路沿いにお店を構える、麺屋騎士というお店です。騎士と書いてナイトと読むそうです。お店の外観には木などが使用されていますが、見た目は比較的新しそうなお店に見えます。外の看板にはメニューが書かれていたのですが、ラーメン700円、つけ麺750円と書いてありました。この2つがメイン商品なのでしょうね。この日私は自転車移動だったので、水分を多く取りたくないなと思い、つけ麺を注文することにしました。

麺屋騎士 つけ麺

 そんでもって出てきたのはこのようなもの。出てくるまでに時間がかかったので太麺ということは想定できましたが、案の定太麺でした。しかしこの麺、普通盛りなのですが結構な重量があり、食べ応えがありました。チャーシューはバラ肉で作られたもの。スープは魚介系であり、味は濃厚な仕上がりになっていました。

 つけ麺相場ってあんまりよくわからないのですが、750円でこのボリュームなら、まずまずかなと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/28(火) 18:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食いもんレビュー122 大黒屋食品 せんじ肉

 以前に広島名物である、大黒屋食品の「せんじ肉砂ずり」を紹介しましたが、今回ノーマルのせんじ肉を入手することができました。え、広島で買ったのかって?いや、宮崎でこれを買ったときに、隣に陳列されていました。

大黒屋食品 せんじ肉 大黒屋食品 せんじ肉 原材料

 以前紹介した「砂ずり」が鶏の砂肝を原材料としていましたが、本来のせんじ肉は豚の胃を原料とし、ビーフジャーキーのようにしています。広島では昭和20~30年代から肉屋で豚の胃が「せんじがら」として売られていたとか。ビールのおつまみに・・・とかかれているが、ワシはチューハイ飲みながら食うぞお!

大黒屋食品 せんじ肉 中身

 (チューハイのほうが目立っているような画像に見えるが・・・)中身はこんな感じ。まぁ、モツ肉みたいなもんですね。ちなみに以前の「砂ずり」同様、これもめちゃくちゃ硬いです。ちなみに昔サッポロ一番の「ホルモン焼そば」なるものがあったのですが、それに入っていたホルモンがこんな感じでしたね。お湯を注いで3分待ってもやわらかくならなかったもので・・・。ちなみに味のほうは、ホルモンを塩漬けにしたくらい、ホルモンの味と塩気が凝縮されています。確かにこういうのはビールには合いますかね。

 私の知る限り、以前は広島駅の売店でも売られていたような気がするので、お土産にするには便利な品かなと思います。
  1. 2017/02/26(日) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食いもんレビュー121 精養軒 ラーメン

 前回の記事に引き続き、川内から。私はこの街に一泊したのですが、晩飯はラーメンを食べることに。

精養軒 外観

 今回訪問したのは「精養軒」というお店。川内駅から少し離れた繁華街の中にあります。同じような名前のフランス料理店がありますが、関係はまったくありません。ちなみにこのお店は夜だけの営業らしく、ランチタイムは営業していないようです。とりあえずお店に入り、普通のラーメンとめしの小を頼むことに。ラーメンが600円でめしが100円。合計700円というリーズナブルプライスになっていました。

精養軒 ラーメン

 めしはただの白米なので、とりあえず先に出てきたラーメンを撮影。お通しで大根にしょうゆをかけたようなものが出てくるのですが、意外とこれがうまかったり。肝心のラーメンについては、濃厚なとんこつ醤油ラーメンで、チャーシューにもしっかり味がついていたので、全体的に濃い味でしたかね。ただ、背脂のようなものはなく、具もチャーシュー以外はねぎともやしだったので、脂っこさは強くはなかったですね。値段を考えると、なかなかよい感じのラーメンだったかなと思いました。

 ちなみに噂によれば、この店には非公表の裏メニューがあるらしい・・・食べてみたい・・・
  1. 2017/02/03(金) 09:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

食いもんレビュー120 内田珍味食品 味付とんなんこつ 塩味

 九州土産です。

内田珍味食品 味付とんなんこつ 塩味 内田珍味食品 味付とんなんこつ 塩味

 博多風と書いてありますが、宮崎で買いました。内田珍味食品という会社の「味付とんなんこつ 塩味」です。お酒のつまみ売り場に、ビーフジャーキーなどと並んで売られていました。内田珍味食品という会社は豚足を加工してメインで売っている会社のようですが、豚耳も取り扱っているようで、今回紹介するとんなんこつは、豚耳の軟骨を使用しているようです。博多風と書かれているのは味付けでしょうか?会社は同じ福岡県でも嘉麻市にあるようです。

内田珍味食品 味付とんなんこつ 塩味 中身

 中身を出したらこんな感じ。暖めてから食べるのが基本で、電子レンジか湯煎で暖めるようです。私は電子レンジで暖めたのですが、最中にポンポン破裂していたような・・・。味については、焼き鳥の缶詰と豚ホルモン(とんてっちゃん)を足して2で割ったような味ですかね。食感は軟骨は端っこに細長く付いており、ほとんどは耳?の肉でしょうか?そこの部分はドロッとするような柔らかさで、豚足みたいな感じでした。

 少々癖があるように感じましたが、豚足が食べられる方なら抵抗はないでしょう。初めてならば・・・挑戦してみてください。
  1. 2017/01/27(金) 09:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食いもんレビュー119 タカモリ マルメイナポリタン復刻版

 九州へ行ったら・・・買ってくるよね、この手のもの。

タカモリ マルメイナポリタン復刻版 タカモリ マルメイナポリタン復刻版 原材料

 九州では常温保存可能な生麺が沢山売られているのは、以前にも何度か紹介しましたが、今回はタカモリの「マルメイナポリタン復刻版」なるものを買ってきました。ビニールのパッケージデザインに鶏が描かれていますが、「ニワトリ奥さん」と言うらしい。あ、そういえば今年は鶏年かぁ・・・。ちなみにタカモリのナポリタンとして、以前「濃厚ナポリタン」を紹介しましたが、大きな違いはソースがあちらは液体ソースだったのに対し、こちらは粉末ソースになっているところですかね。味はトマトの酸味はあまり強くない、比較的あっさりしたナポリタンですね。あと、こちらは「ソフトめん」であることを明記していますが、それは大差がないような気がします。

タカモリ マルメイナポリタン復刻版 調理例

 調理例はこんな感じ。ニンジン(ちょっと焦げた)、ベーコン、玉ねぎと一緒に炒めたのですが、粉末ソースだからか、濃厚じゃないからか分かりませんが、「濃厚ナポリタン」より麺の色は明るめ。というか、改めて画像を見てみたら焼そばとあまり区別がつかないですね。麺は・・・やっぱり「濃厚ナポリタン」と同じような気がします。太さや縮れ具合に違いが見られないですからね。

 ちなみに私はやらなかったのですが、この生麺は電子レンジでも調理可能だとか。ハンバーグとかの付け合わせ用意するのに便利ですかね。
  1. 2017/01/10(火) 18:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食いもんレビュー118 ラーメンみゆき ラーメン

東武堀切駅 駅舎

 前回の記事の場所から一気に南下!と言っても直通列車もなければ、同じ日でもなく、線路がつながっているだけですが。ということで私は東京都内の”暮れなずむ町”で有名な、東武伊勢崎線堀切駅までやってきました。ちなみに”堀切”は実は荒川の対岸である、京成堀切菖蒲園駅周辺の葛飾区の地名であり、ここは足立区の千住曙町となっています。この駅は隣の牛田駅とは非常に区間が短く、隣が荒川となっているので利用者が非常に少なく、モニュメントはおろかお店自体もほとんどありません。

ラーメンみゆき 外観

 そんな堀切駅前に唯一存在する飲食店が、この「ラーメンみゆき」です。随分と古いお店ですが、堀切駅前唯一のお店ということで、長年愛されてきているようです。ちなみにここの裏手には桜中学校の舞台であり、廃校となった足立区立第二中学校を転用した東京未来大学があるのですが、そこの学生は50円引きとなる張り紙が貼られていました。

ラーメンみゆき ラーメン

 そんなこのお店ではいろいろなメニューが用意されているのですが、一番シンプルなしょうゆ味のラーメンはなんと500円!半ライスを付けても650円というリーズナブルプライスです。500円とはいえ、どこぞの豚骨ラーメン屋のように無料の替え玉を想定して最初から麺が少ない・・・ということはありません。麺は手もみラーメンということで、かなり縮れがあり、太さもそこそこあります。スープはシンプルな中華そばの系統ですが、しょうゆ味が濃い目であり、縮れ麺との相性も良かったです。 シンプルな仕上がりでしたが、お値段を考えると結構良いのでは?と思いました。

 ちなみにこの界隈にはもう一軒、ドラマの出演者・スタッフが通っていたラーメン屋も現存しているようなので、今度行ってみようかしら・・・
  1. 2016/12/13(火) 18:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

食いもんレビュー117 油君 油そば

 個人的な用事で新宿の2丁目に行ってきたので、昼飯を食おうと店を探したのですが・・・

油君 外観

 油そば屋がありました。お店の名称が「油君」。”あぶらぎみ”ではなく”あぶらくん”と読むそうです。なんだか脂性の子のあだ名みたい(笑)。早速お店に入り、注文するわけですがこのお店は、並盛、大盛、特盛の3種類の麺量があるのですが、どれも値段設定は同じになっているようです。そんなわけで私は普通の油そば(650円)を注文することに。丁度11時台だったため、ランチの半ライスも無料だったので頼むことにしました。

 ・・・なかなか出てこないぞ・・・

油君 油そば

 10分くらい待ったでしょうか?出てきたのはこんな感じ。なかなか出てこなかった最大の理由は、この麺の太さにあります。なんだこりゃ?ラーメンというよりもうどんの方が、太さに関しては近いかも。うどん屋の場合はある程度茹でて置いてあったりしますからねぇ、1からやっていたら茹で上がるまでに時間がかかるわけです。チャーシューは厚み・焦げ目があって良い感じ。タレのベースは醤油とんこつ味かな?ニンニクみたいな味が結構強くて食べ応えがありました。最後には残ったタレにごはんを投入して、混ぜご飯として食べる!タレも残さず全部たいらげました。おかげで食べきった後は「あ~食った食った」って気になりましたね。

 ちなみにこの日の午後は、口の中が油そばくさかったのは言うまでも無い(笑)。それでも用事はちゃんと済ませましたよ。
  1. 2016/11/29(火) 18:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

食いもんレビュー116 マルハニチロ スタミナ丼

 ちょっと前の記事でいろいろとフラグを立てていましたが・・・

マルハニチロ スタミナ丼 パッケージ マルハニチロ スタミナ丼 原材料

 今回はレトルト食品である、マルハニチロの「スタミナ丼」を紹介します。前に紹介したのはお店で提供されているスタミナ丼(の亜種)でしたが、今回はスーパーで市販されているものになります。しかし・・・パッケージの写真を見る限り、なんだか全然違うもののような・・・。裏面の原材料を見てみても、トップに出てくるのは野菜であり、その次に牛ハラミすじとなっています。この時点で豚肉は使用されていないので、名前は同じでありながら、全く別物であることが分かります。恐らく、名前だけをみてお店で提供されているスタミナ丼だと判断して購入し、開けてみてびっくりした人は1人くらいいるはず(笑)

マルハニチロ スタミナ丼 調理例

 ちなみに湯煎してご飯の上に開けてみたらこんな感じ。牛ハラミ・・・どこにあるんだ?ごろごろと目立つ具はたけのことこんにゃくがメインで、細かく刻まれて入っているのはにんにくです。味についてですが、しょうゆのあんの味が強いのですが、どことなくそぼろ丼というか、中華丼に近いような気がします。決して味について問題があるわけではないのですが・・・やはりスタミナ丼という名前から考えるとちょっと物足りないかなぁと思ったり。

 皆さんはどちらのスタミナ丼が良いでしょうか?
  1. 2016/11/20(日) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー115 情熱のすためしどんどん 旨塩すためし

 今回の記事は・・・ある意味前フリ(笑)

 新宿東口界隈で安くメシを食おうとすると、いろいろお店はあるのですが、居酒屋と麺類を除くと意外とそんなでも無かったりするんですよね。なんというか、ラーメン屋・うどん屋は沢山あるけど、ご飯系はチェーン店が多いですかね。今回はそんなチェーン店でも、有名なのか、有名じゃないのか微妙なところですが、情熱のすためしどんどんのメニューをご紹介。この手のお店で出されるすたみな丼は、にんにくを利かせた醤油ダレで味付けした豚肉をご飯に乗せた丼のことを指します。チェーン店としては伝説のすた丼屋が各地方にも店舗を有していますが、今回紹介するチェーン店は東京中心で店舗展開しているようです。

すためし 旨塩すためし

 ほんでもって今回紹介するのは、普通のすためしではなく、塩味のすためし。いきなり亜種からのご紹介です。普通のすためしはしょうゆ味で結構コッテリ味付けされているのですが、こちらは塩味なので、少々アッサリしています(と言っても豚しゃぶみたいなアッサリ感からは程遠いですが・・・)特徴はネギが沢山ところもあるので、ねぎ塩系の味と言われたら、なんとなくほかのお店の商品から味の想像がつきますかね。ちなみにニンニクの味付けは当然ついていますので、人と会う前に食べる場合は要注意を(笑)。ちなみにすたみな丼には生卵がつくのがデフォルトのようですが、正直なところこの塩味のすたみな丼は、卵がないほうが美味しいと思いました。なんというか、何も加えずにそのまま食べるのが一番肉と塩ダレの味が分かってよい感じです。

 さて、前フリは終わったけど・・・・・・しばらく時間は空けるか(謎)
  1. 2016/11/13(日) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食いもんレビュー114 たつ屋 牛どん(並盛)

 ローカル牛丼紀行・・・、今日は新宿新南口から。

 新宿駅新南口を出て2ブロックくらい進んだところにドコモショップがあるのですが、その2件となりのビルの1階に「たつ屋」というお店があります。看板に「since1969」と書かれているので、47年前から存在しているようです(ヴェルディと同じ年か・・・)。お店の外観も撮ろうと思ったのですが、いかんせん新宿であり人が多かったことに加え、店の前が著しく狭かったため断念しました。

たつ屋 牛どん

 そしてこちらが肝心の「牛どん」です。並盛で1杯350円なので、松屋より少し安いです。ちなみにちょっと前までは280円だったとか・・・。特徴としては、焼き豆腐が2つ入っていること。なんとなく吉野家で以前売られていた牛鍋丼に近い感じです。肉の味付けですが、しょうゆ味が少し濃く、他社より少ししょっぱいように思えました。塩気好きにはたまらんかもしれないですね。総じて評価すれば、価格相応・一般的といったところでしょうか?

 ちなみにこの「たつ屋」は以前東京の他の場所にも店舗を出していたようですが、今は新宿のこのお店だけが残存しているようです。「■丼太郎」が代々木から撤退してしまった今、この界隈で残るローカル牛丼屋はここくらいですかね。がんばって欲しいものです。
  1. 2016/10/30(日) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (464)
モニュメントまとめ (10)
鉄道 (61)
飲料 (79)
食いもん (123)
俺用メモ (3)
未分類 (8)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR