思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント313 JR深川駅 名称不明カリヨン時計台&アンパンマンの水飲み場 他

JR深川駅 木製駅名標

 前回の記事で留萌本線増毛駅訪問を書きましたが、今回は留萌本線の起点である深川市の深川駅前のモニュメントを取り上げたいと思います。ちなみに上の画像は、駅舎の前に設置されていた木製の駅名標です。

JR深川駅 名称不明カリヨン時計台

 駅前ロータリーで一際目立っているのが上のカリヨン付き時計台です。目立ってはいるのですが、タイトルや詳細の記述は一切ありませんでした。一応噂によれば、カリヨンの鐘でスズランの花を表現しているとか、していないとか・・・。ちなみに時計の部分にリンゴのイラストがありますが、深川市内の果樹園ではリンゴの栽培も盛んに行われているようで、これからの時期はリンゴ狩りやリンゴを使った加工品の販売などで賑わうようです。

JR深川駅 名称不明噴水彫刻群

 次も名称不明なのですが、水の出ていない噴水と彫刻が設置されていました。彫刻はステンレス製で骨組みのようなデザインになっています。足元のところにはハタタテダイやツノダシのような、サンゴ礁に生息する海水魚をモデルにしていると思われる魚の小さな石像が、複数設置されています。なお、この噴水のとなりには水飲み場があるのですが・・・

JR深川駅 アンパンマンの水飲み場

 なぜかアンパンマンの石像が設けられています。やなせ先生はご存知高知県出身なので、作者の地元ということではありません。アンパンマンと深川市にどのような縁があるのでしょうか?正直謎です。

JR深川駅 四つのテスト

 最後。駅のすぐ隣には小さな庭園のようなものがあり、植物が生い茂っているのですが、その中には・・・

JR深川駅 ミニ庭園の四つのテスト

 久々に出たー!ロータリークラブの倫理指針である「四つのテスト」の石碑がこっそり設置されていました。もはや植物に埋もれてしまっていてタイトルがどこに刻まれているのかよくわかりません。しかし同じ指針の石碑はJR東海道本線穂積駅や、同じ北海道のJR根室本線芦別駅など、あちこちにありましたから、もう私くらいになれば本文だけで何なのかわかってしまいます(笑)。しっかしこの埋もれ具合・・・このままでいいんでしょうかねぇ・・・
スポンサーサイト
  1. 2015/09/29(火) 18:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

増毛(ましけ)で増毛(ぞうもう)祈願!?

JR増毛駅(2015年9月) 行先 JR増毛駅(2015年9月) 運賃表示機

 今回の旅の主目的は、JR留萌本線の終点である増毛(ましけ)駅に行くことでした。留萌本線の留萌~増毛はJR北海道の公式発表もされている通り、来年度中に廃線になることが決定しています。終点の増毛駅は漢字が漢字なので、一部の人にとっては非常に縁起が良い駅です。そんなわけで、最近つむじの辺りが寒くなってきたような気もするため、増毛(ぞうもう)祈願のラストチャンスだと思い、訪問することにしました。

JR増毛駅(2015年9月) 駅舎 JR増毛駅(2015年9月) キハ54-529 2 JR増毛駅(2015年9月) キハ54-529

 そんなこんなで留萌本線に乗ったら、連休中かつ廃線の発表がされて間もなかったこともあり、深川駅発車時点で立ち客が出るほどの満席状態!途中の留萌で客が降りたかと思いきや、代わって乗ってくる人もいたので、結局増毛までの乗車率は高いままでした。そんでもって増毛駅に到着すると、これまた多くの人がカメラを持って待ち構えているではありませんか。いや~・・・薄毛に悩んでいる人がこんなにたくさんいるとは(違う!)。まぁ、毎日がこんな乗車率なら廃線にはならないんですけどね・・・

JR増毛駅(2015年9月) 駅前の向日葵

 ちなみに滞在できる時間はわずか8分。一応モニュメントも探しましたが、特にそれらしきものは見当たらず。折角なので、駅前に生えていた向日葵の花を撮影してきました。この花はこのとき駅舎の方を向いていたのですが、ひょっとするとここにやってきた祈願者の光り輝く頭を、日光と勘違いして向いてしまっているのでしょうか(違う!単に駅舎が日の沈む方向にあるだけです)。

 というわけで、増毛祈願になんとか行くことができましたから、これで私は未来永劫フサフサの筈。うふふふふ(ということは予土線の某駅には絶対に行ってはいけないということだな・・・)。
  1. 2015/09/27(日) 18:00:00|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅前モニュメント312 JR十勝清水駅 清水町民憲章&SL型鉢植え

 ほんでどこ行ってたんだという話になりますが、行っていたのは北の大地です。新幹線開業前に行きたいと思っていたのですが、運よく「北海道&東日本パス」が連休で使用できたので、決行することにしたのです。

 ということで今回は北海道上川郡清水町の中心である、JR根室本線十勝清水駅前からのネタを紹介したいと思います。

JR十勝清水駅 清水町民憲章 JR十勝清水駅 清水町民憲章 裏

 ここの駅前にはドーンと”清水町民憲章”の石碑が設置されています。この手の市民憲章・町民憲章は、名鉄三河線碧南中央駅や同じ北海道のJR函館駅、町で言うならばJR土讃線琴平駅など、多くの場所で取り上げてきた内容になります。ここの憲章の特徴としては、前章部分が非常に長くて、本章部分よりも目立ってしまっているところでしょうか。前章では「わたくしたちは、日高の山なみが連なり~」で始まる1番と、「わたくしたちは、父祖の偉業と強くたくましい開拓者精神をうけつぎ~」から始まる2番が用意されており、なんだか歌の歌詞みたいになっているのが趣深いところです。ちなみにこの石碑は裏の記述によれば、北海道制定100年となる前年の1968年に設置されたものとのこと。

JR十勝清水駅 SL型鉢植え

 もう一つ。ここの駅舎の前には、SLとそれが牽引する客車を模した鉢植えの台(容器?)がありました。同じようにSLと客車を模した鉢植えはJR紀勢本線新宮駅にもありましたが、あちらは簡単に作ったものなのでモニュメントっぽさは無かったのですが、こちらはちゃんと塗装がされているだけでなく、レールまでしっかりと用意されています。最初これを見たときに一瞬「なんでこんなところに模型が?」と本気で思ってしまいました。非常に精巧に作られていて面白いなぁと思いましたね。

 てなわけで、今後もいろいろと仕入れてきたネタを放出していきたいと思いますので、しばしお付き合いを・・・
  1. 2015/09/25(金) 18:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前モニュメント311 JR来待駅 「来待石の原産地」&来待石たぬきくん

 えー、帰ってまいりました。多分。え?多分ってなんだって?いやいや、予約投稿しているからです。はい。なので今回は旅してきたところではなく、ストックから記事を書きます。まぁ、書いてる時点でまだ出発もしていませんからね。

 ということで今回は、島根県松江市のJR山陰本線来待駅前のモニュメントを紹介します。この駅はあまり人家の無いところにある無人駅ですが、JRの中で最も宍道湖に近い駅であります。

JR来待駅 来待石の原産地

 ここの駅前には「出雲石灯ろう建材 来待石の原産地」という石碑と、来待石を使用して作られた石灯篭が設置されています。この石碑は実は駅前だけでなく、柵の向うである駅のホームにも形の違うものが設置されています。まぁ、駅名と石名が一緒なので、PRしたいのでしょうね。ちなみにこの駅に設置されていた石灯篭は1つだけでしたが、「来待石は石灯篭の建材である」ということは、非常に重要なのでちゃんとノートをとって置くように。え?何に重要かって?今後私が書く予定の記事において重要ということです(笑)

JR来待駅 来待石たぬきくん JR来待駅 来待石たぬきくん 住民票

 さて前置きはこれくらいにして今回の目玉を。この駅の駅舎まん前には「来待石たぬきくん」という来待石でできたたぬきの石像が設置されています。この来待石たぬきくんは来待駅の名誉駅長ということで、JRの制服を着て、帽子も被っています。そういえばたぬきの石像は隣の宍道駅にも、郵便配達員の像がありましたね。なお、この石像は来待駅開業80周年を記念して設置されたものであり、松江市長から特別住民票(実はただの説明板?)が発行されています。

 ちなみに続柄は「世帯主」とのことですが・・・

JR来待駅 来待石たぬきくん 後ろ

 後ろには子供がいました!だから「世帯主」なのね・・・

 ・・・次回からは新しく仕入れたネタを放出できればと考えてます。
  1. 2015/09/23(水) 10:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東急バス玉11系統 土休日日中に小杉駅東口まで延伸

 いよいよ9月の連休がやってきました。どうやらシルバーウィークとか呼ばれているみたいですね。もっと良いネーミングは無いのかとツッコミたくなりますが、それはさておき、私も仕事が終わったら今日の夜行バスで新たなる旅に出発します。そんなわけで今回はちょっとした新情報を載せてしばらく置いておこうと思います。ローカルすぎる内容なので、ほとんどの人には関係ないでしょうけどねw

玉11 小杉駅東口行き S1467 前面行先

 撮影が下手糞なのは私の仕様です。すんません。本題に入りますが、東急バスの公式発表もされております通り、従来多摩川駅-二子玉川駅で運転されていた東急バスの玉11系統が、土休日の日中に限り小杉駅東口まで乗り入れるようになりました。玉11系統はもともと多摩川園-二子玉川園前という昔遊園地があった区間を走行していたため、”遊園地線”という名称がつけられていますが、現在は多摩川土手の玉堤通りを通り、通勤通学客の輸送を担っています。二子玉川にあった某自動車学校の卒業生なら、路上教習に出て最初の関門が「このバスをどう抜かすか」だったことを覚えているハズ。ちなみに私は教官の判断に全権を委ねていました(笑)。
 今回玉11系統が延伸した理由としては、二子玉川と武蔵小杉にそれぞれ再開発によりショッピングセンターができたことと、武蔵小杉駅東口にバスターミナルができて綱島街道から乗り入れできるようになったことが挙げられます。かつては武蔵小杉駅のバスターミナルは南武線の北口にしかなく、綱島街道からの乗り入れは困難だったのですが、東口バスターミナルができて物理的に乗り入れできるようになったことがなにより大きいものと思います。ちなみにリムジンバスはもともと横須賀線の方のバスターミナルに乗り入れていたのですが、路線バスとして丸子橋を渡る路線というのは今回が初めてではないでしょうか?え?何でお前そんなにテンション高いんだって?今回ハイテンションでこの記事を書いているのは、この記事を乗り入れ開始翌日未明にチューハイ飲みながら予約投稿として書いてるからです(笑)

玉11 小杉駅東口行き S1467 リア部行先 玉11 小杉駅東口行き S1467

 ちなみにうまく撮影できなかったのですが、行先表示はこんな感じ。いつごろからかわかりませんが、前面の行先に東急バスのゆるキャラである「ノッテちゃん」が表示されるようになっています。普段バス乗らないので全然気付きませんでした。、というかこの画像ではやっぱりわかりにくいですかね。LEDの文字をコンデジでも上手く撮影する方法を誰か教えてくださいまし・・・。ちなみにこやつと東急電鉄の「のるるん」は、やる気が無いのか今年のゆるキャラグランプリにはエントリーしていません。京王バスのあいつらとか、京王電鉄のあいつとか、京急のあいつとか、相鉄のあやつとか、JR東日本横浜支社の輩達はエントリーしているんですがね~・・・。これでいいのか?東急・・・

 というわけで、次の更新は連休の終わりごろを予定しています。二子玉川・武蔵小杉方々で特に予定の無い方は、毎日運行するであろうこのバスで買い物に行かれてはいかがでしょうか?(ピンポイントすぎて該当者がいないかな?)

続きを読む
  1. 2015/09/18(金) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲料レビュー ペプシネックスが本当にストロングになったのか確かめてみた

 夏になる前からですかね、スーパーで売られているペプシネックスが「ペプシ ストロングゼロ」という品目に変わっていました。サントリーが売っているので、チューハイの「-196℃ストロングゼロ」と同じようなネーミングです。公式サイトによれば、ストロングになったのは、炭酸とカフェインらしいです。気付いたときには多くの店で既にストロングゼロに変わっていたのですが、なんとか旧来の「ペプシネックス」を入手できたので、本当にストロングになったのか確かめてみました。

サントリー ペプシ ネックスVSストロングゼロ

 見た目のデザインはほとんど変わらず。”ストロング”を強調したいらしく、文字が大きくなったくらいですね。

サントリー ペプシ ネックスVSストロングゼロ 原材料

 原材料も中身はほとんど変わっていないのですが、酸味料の順番が1番目から3番目に変わっています。カフェインの順番はどちらも一番最後ですが、ネックスにはカフェイン量の記述が無いものの、ストロングゼロには19mgと記述があります。

サントリー ペプシ ネックスVSストロングゼロ 中身

 注いだらこんな感じ。うん、毎度毎度同じことを言っていますが、コーラや黒ビールは注いでも色の違いなぞわからん(笑)。特に泡が多く出るということも無いようです。

 さて、飲んでみますが・・・

 同じじゃね?

 カフェインについてはなんともいえませんが、少なくとも飲んでもなお朝不本意に目が覚めてしまった私の眠気は全然ふっとばず。炭酸の方は舌でも喉でも確認してみましたが、正直まったく差がわかりませんでした。なんとなーく新手の広告PRのような気がしないでもない・・・

 ちなみにゼロではない普通のペプシコーラはストロングとそうでないものが共存しているらしいので、そちらで比較したほうが良かったですかね・・・
  1. 2015/09/15(火) 18:00:00|
  2. 飲料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅前モニュメント310 東急御嶽山駅 御嶽神社関連の石柱&御嶽の霊水

 今回は私の生活圏内から、小さいやつを紹介します。

東急御嶽山駅 御嶽神社関連の石柱 東急御嶽山駅 御嶽神社関連の石柱

 今回紹介するのは、東京都大田区にある東急池上線御嶽山駅前の線路脇に設置されている、小さな石柱です。かなり古いのか、表面はボロボロに風化しており、文字の判読も難しくなっています。周りの線路柵がこの石柱を避けるように設置されていることも、これの古さを際立たせているような気がします。一応判読できることとしては、正面に「御嶽神社」と刻まれていること、右に「東京昭和・・・」、左に「東京市」と刻まれていることくらいでしょうか。東京都制が始まったのが1943年(昭和18年)なので、1926年~1943年の間に設置されたものでしょうか。ちなみに御嶽山駅は1929年(昭和4年)に”御嶽山前”から現在の”御嶽山”に駅名を変更しています。

東急御嶽山駅 御嶽神社

 ちなみに記述されている御嶽神社は、イオンを軸とした場合、駅と正反対の場所に立地している神社です。御嶽神社の公式ホームページによれば、ここはもともと祠があるくらいの小さい神社だったのですが、本場である木曾御嶽山で修業した一山行者が来社して以来信者が激増し、大きな社殿を建立するようになったそうです。それ以降は木曾の御嶽神社の支社として、現在も信者が多く訪れる場所になっているとのこと。子供のころから知っている神社なのですが、結構すごいところだったんですなぁ。こういう歴史から考えると、上記の石柱は鉄道利用でやってきた信者向けの案内標として設置されたものとも捉えられますね。

東急御嶽山駅 御嶽の霊水 説明 東急御嶽山駅 御嶽の霊水

 次は駅前というよりも、駅前イオンの入り口脇(駅舎からはちょっと離れている・・・かな・・・)に設置されている「御嶽の霊水」という湧き水です。ここはイオンの敷地内なのですが、1F部分のこの場所だけちょっと凹むように建物が建てられています。この湧き水は1831年(天保)に築かれた禊の井戸であり、この井戸水で禊をした信者にご利益があったとのことで、もらい水に来る人が多くなり、「御嶽の霊水」と呼ばれるようになったそうです。ちなみに現在の形に整備されたのは、1986年(昭和61年)なので、そろそろ30年になります。ちなみにここの水槽では金魚が飼われているのですが、私がガキんちょのころはドジョウもいたような記憶があります。親が買い物している間、血眼になってドジョウを探していたような記憶があります(笑)

 ちなみに今日この記事を公開したのは、今日が御嶽神社のお祭りの日だからです。といっても、もう時間的にお祭りは終わりかけなんですけどね。今から紹介してももう遅いですね(笑)
  1. 2015/09/13(日) 16:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もはや死語?阪神電車の”赤胴車”と”青胴車”

阪神5700系5701F&8000系8225F 尼崎にて

 どうやら最近阪神の新型車両である5700系が営業運転開始したようですね。実は私、お盆に阪神電車に乗っており、たまたま特急待避で停まった尼崎駅で、留置線に停車していた5700系5701Fを撮影していました。う~む、1000系同様今までの阪神のイメージとはやっぱり違いますね。

阪神7861・7961形7866F 武庫川にて 阪神7890・7990形7890F 武庫川にて(2012年撮影) 阪神5000系5009F 武庫川にて

 やっぱり阪神の電車といえば、特急・急行用の”赤胴車”と、普通用ジェットカーの”青胴車”のように、上半分が肌色で下半分が朱色か紺色のイメージが私にとっては強いです。しかしながら赤胴車は既に本線には存在せず、武庫川線で使用されているワンマンカーに残るのみ。ちなみに武庫川線では7861・7961形(画像左)3編成と7890・7990形(画像真ん中)1編成が活躍していますが、この2形式は阪神の公式ホームページに紹介記事がありません。忘れられているのか、それとも紹介するほどではないと思われているのか・・・。一方で青胴車はまだ現役ですが、5700系導入の目的はこの青胴車の置き換えなので、じきに姿を消すでしょう。ちなみに私がお盆にわざわざ阪神に乗ったのは、この武庫川線の赤胴車と本線の青胴車を押さえるためでした(ただし、真ん中の7890・7990形の画像は2012年に撮影したものですけどね)。

阪神8000系8245F 梅田にて(2012年撮影)

 最後は2012年に撮影した、懐かしき本線の赤胴車の画像を。このときは8000系のまだ半数くらいがこの塗装でしたかね。もう現代では”赤胴車”、”青胴車”という言葉が死語になりつつあるような気がします。そんなことを気にする私も、老けたということですかねぇ・・・
  1. 2015/09/11(金) 09:00:00|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅前モニュメント309 JR小牛田駅 「地球に平和と緑を」&「青春期」 他

 西の方の記事が続いているので、たまには他のところを出しておかないとなぁ。ということで、今回はJR東北本線・陸羽東線・石巻線が乗り入れる、宮城県遠田郡美里町の小牛田駅前のモニュメントを紹介します。

JR小牛田駅 地球に平和と緑を JR小牛田駅 地球に平和と緑を タイトルアップ

 まずはやたらと目立つ大きい玉。良く見てみると「地球に平和と緑を」と書いてありますが、これがタイトルなのか、ただのスローガンなのかは不明です。むしろ、このモニュメントの設置目的が”非核・平和都市宣言”を記念してのものなので、後者の可能性の方が高そうです。ちなみに設置年月のところに「1984年12月25日 小牛田町」と書かれていますが、この当時は小牛田町という独立した自治体であり、2006年(平成18年)に南郷町と合併して現在の美里町になっています。

JR小牛田駅 カリヨン時計台

 次は上のモニュメントの隣にある、カリヨンの時計台です。カリヨンのモニュメントは今までにも、JR桐生駅JR大井町駅にあるものなど、複数紹介していますが、ここのカリヨンは説明やタイトルなどの記載は無く、一切の情報がありませんでした。鐘が五つ付いているようですが、時間が来たら鳴るのでしょうか?

JR小牛田駅 青春期

 次は駅舎から見て左手の歩道にある、「青春期」というタイトルの裸婦像?です。ポーズがポーズなので、(90%くらいの確立で裸婦だとは思いますが)裸婦を意識して彫刻されたものなのかは確認が難しいところです。ちなみにタイトルの上段に記載されている「L'adolescence」というのは、単純にフランス語で「青春期」を言い換えた言葉です。なお、作者は彫刻家の沢口准子氏であり、設置者はロゴがあるのでわかるとおもいますが、ライオンズクラブです。

JR小牛田駅 手づくり郷土賞 JR小牛田駅 手づくり郷土賞 出会いを演出する街角

 最後は当時の建設省が発表した「手づくり郷土賞」の受賞を記念した石碑です。この類の賞状碑は同じ宮城県の仙台駅上毛電鉄中央前橋駅の記事でも取り上げましたが、この賞状は1993年(平成5年)に小牛田駅前大通りが「出会いを演出する街角」ということで受賞したようです。ちなみに右の画像がその大通りです。歩道の左手には小さい小川が設けられています。

 (・・・出会いを演出すると言っているものの、人が全然いないことには触れてはいけないのだろう・・・)
  1. 2015/09/08(火) 18:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食いもんレビュー78 寿栄広食堂 中華そば

 今回紹介するのは、山口県では知っている人が結構いるみたいです。

 先月の旅で私は山口県岩国市の岩国駅付近で一泊したのですが、素泊まりなので夕食は外で食べる必要があります。駅を出てどうしようかと考えるまもなく目に入ったのは・・・

寿栄広食堂 外観

 やたらとデカイ「中華そば」の看板。駅前で目立ちまくっていますが、このお店は「寿栄広(すえひろ)食堂」といい、山口県では有名な老舗ラーメン店のようです。お店に入って席に座ろうとしたところ、「食券を買ってください」と言われてしまいました。「ん?食券販売機なんてあったっけ?」と思ったのですが、どうやらこのお店は先にレジでお金を払い、食券(プラ板)をもらって注文したものが出てくるのを待つシステムのようです。とりあえず無難に「中華そば」(600円)を注文jすることに。夏休み(休日)の夜9時台ということもあり、店内は結構混んでいました。

寿栄広食堂 中華そば

 それで出てきたのはこんな感じ。具はチャーシュー2枚にネギ、もやしが入っています。スープは醤油とんこつ系だと思うのですが、背油がたくさん浮いており、家系に近い・・・と思いきや、味の方はそんなに濃くなく(むしろちょっと薄いか?)、意外とアッサリしていました。まぁ、アッサリしていたとはいえ、背油があるので普通のしょうゆ味中華そばよりはかなりこってりしていましたけどね。麺は細麺だったのですが、結構軟らかかったので、”粉落とし”一択人生を歩んでいる私にとってはちょっと好みに合いませんでした。

 総評としては、特徴的ですが、こだわりが強いようには見えない、比較的シンプルなラーメンだったかなと思います。お店を切り盛りしているのがパートのおばちゃん達(だと思う)ということも重なって、(ラーメンの特徴は全然違いますが)どことなく店の雰囲気が竹岡の梅乃家に似ているような気もしました。昔ながらのラーメン屋というか、食堂というか、そんな感じのお店ですね。
  1. 2015/09/06(日) 15:00:00|
  2. 食いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅前モニュメント308 JR(信)横川駅 EF63-3号機動輪

 前回の記事に引き続き、横川駅前のモニュメントを紹介します。え、あれ以上あるのかって?いやいや・・・

横川駅前のおぎのや

 今度こそ「峠の釜めし」の方です。ということで今回は群馬県安中市のJR信越本線横川(よこかわ)駅のモニュメントになります。JR信越本線はかつてはこの駅から碓氷峠を越えて軽井沢に至っていましたが、北陸新幹線(長野新幹線)開業時にこの区間が廃止となりバス代替となったため、信越本線は一旦ここを終点とするようになっています。

JR(信)横川駅 EF63-3号機動輪 JR(信)横川駅 EF63-3号機動輪 説明

 峠越えや駅弁が有名だった横川駅ですが、もともと町外れに位置していることもあり、駅舎はもともと小さく、駅前も現在では比較的閑散としています。そんな横川駅の駅舎の前には、碓氷峠越えの際に補助機関車として使用されていたEF63形電気機関車3号機の動輪が設置されています。蒸気機関車の動輪ならば、日本全国あちこちにあり、同じ信越本線でも先の直江津駅新津駅の前にも設置されています。しかし電気機関車の動輪が設置されているのを見るのは、私としてはここがはじめてでした。とはいえ、やはり碓氷峠といえば補助機関車のイメージが強いので、この動輪が設置されているのは納得できますね。ちなみに驚きだったのは、説明のところに書かれていた「株式会社 荻野屋所有」の文字です。こんなところまで荻野屋の力が及んでいるとは、おそるべし峠の釜めし・・・

EF63-25号機 碓氷峠鉄道文化むらにて

 ちなみに種車のEF63形ですが、多くの車両が各地に保存されており、中でも横川駅の線路の先に開設されている「碓氷峠鉄道文化むら」では4機が動態保存されています。そしてこの機関車は1日講習を受けて修了試験に合格すると自分の手で運転することができるのです。私も一度はやってみたいと思っていますが、果たしていつになることやら・・・このままやらずにズルズルいきいそうです(笑)。
  1. 2015/09/04(金) 09:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駅前モニュメント307 JR(陽)横川駅 日本最初の国産乗合バスレプリカ&原爆被災説明板 他

広電900形905号 横川駅電停にて


 今回はJR山陽本線から可部線が分岐する、広島県広島市西区の横川(よこがわ)駅前のモニュメントを紹介します。あ、「峠の釜めし」は売ってませんよ。そっちは横川(よこかわ)ですから。こちらは広電が乗り入れる方です。ちなみに訪問時にたまたまやってきた上の900形は元大阪市電所属であり、10年ちょっと大阪で働いた後に広島に来て50年以上働いている車両になります。

JR(陽)横川駅 日本最初の国産乗合バスレプリカ JR(陽)横川駅 日本最初の国産乗合バスレプリカ アップ JR(陽)横川駅 日本最初の国産乗合バス発祥の地

 ここの駅前にはガラス張りの倉庫みたいな構築物があるのですが、そこには「日本最古の乗合バス」のレプリカが設置されています。レプリカとはいえ結構リアルな造りになっており、風雨の影響を受けないため保存状態も良好です。構築物に取り付けられていた「日本最古の乗合バス発祥の地」というタイトルの説明板によれば、日本最古の乗合バスは1905年(明治38年)に横川-可部で開業したものの、自重と道の凹凸にタイヤが耐えられず、わずか9ヶ月で営業停止してしまったようです。またこのレプリカは”レトロバス復元の会”というボランティアグループが、1枚の写真からここまで復元したそうです。凄い技術力だ・・・。

JR(陽)横川駅 日本最初の国産乗合バス物語2 JR(陽)横川駅 日本最初の国産乗合バス物語 JR(陽)横川駅 出会いの広場

 次は実際の設置順に画像を並べています。広電の横川駅電停横のスペース(「出会いの広場」と命名)に信号設備などのボックスが設置されているのですが、ここには上記の日本最古の国産乗合バスの物語がイラストつきで記述されています。路面電車待ちで時間があるときに読むことができること、信号設備のボックスをうまく転用していることを考えると、「やるなぁ広電」と思わずにはいられません。こういうものってもっと広告ラッピングの対象にしたら・・・いや、素人考えなのでこの先は黙っときます。

JR(陽)横川駅 原爆被災説明板

 次も近いところにあるのですが、広島市の各所に設置されている”原爆被災説明板”の”横川駅”のものがここにあります。この説明板は駅前に限らず、爆心地や日銀広島支店前等にも設置されているようです。説明によればこの横川駅も原爆により焼失したとのことですが、個人的には「当日には線路の枕木がくすぶる中、被災者を運ぶ列車が運転されました」というところが、いろいろな意味で恐ろしいところかなと思いました。

 ちなみに私がここを訪問したのは8月15日の正午前でした。正午はこの後に乗った可部線の車内で迎えたのですが、70年前のその日その時間帯に玉音放送が流れていたんですね・・・
  1. 2015/09/01(火) 18:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (489)
モニュメントまとめ (10)
鉄道 (61)
飲料 (84)
食いもん (129)
俺用メモ (3)
未分類 (8)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR