fc2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント657 名鉄藤川駅 藤川宿石像&徳川家康像 他

 今回は愛知県岡崎市にある、名鉄名古屋本線藤川駅前のモニュメントを紹介します。

名鉄藤川駅 藤川宿石像

 駅舎は上下のホームにそれぞれ設置されております。まずは比較的駅前が整備されている上り側の駅前から。この駅の周辺は、江戸時代の東海道五十三次の37番目の宿場町”藤川宿”として栄えていた場所です。そのため、駅前には道の駅なども設けられています。まずは駅舎を出てすぐのところに設置されていた小さな石像です。飛脚でしょうか?後ろには「藤川宿」と書かれ、脇本陣跡の門と、当時この地で栽培されていた”むらさき麦”が彫られています。ちなみに本陣跡の裏手では、現在も地元の小学生などによってむらさき麦の栽培が行われているようです。

名鉄藤川駅 徳川家康像 名鉄藤川駅 徳川家康像 名鉄藤川駅 徳川家康像 説明2

 次は駅前の交差点で目立っている、徳川家康の石像です。家康は岡崎城で生まれたため、岡崎市内のJR岡崎駅名鉄東岡崎駅愛環中岡崎駅でも紹介していますが、晩年の姿の像が設置されているのを見かけたのは、ここが初めてですね。寄贈者が株式会社永田石材問屋の永田寛氏・永田龍寛氏、彫像が石工の戸松良夫氏・戸松政洋氏であり、ともに親子で携わっているようです。素材も地元の御影石を加工して作られているようですね。説明によればこの姿は、「鷹狩りを好んだ家康公が、昇る朝日を眺め平和に満ちた世の中を築くために誓いを新たにしている」ところを表現しているようです。

名鉄藤川駅 東海道藤川宿 石柱 名鉄藤川駅 東海道藤川宿 石標

 次は下りホーム側の駅舎を出たところにあるものです。こちらは比較的ひっそりとしていますかね。そんなこちら側には「東海道藤川宿」と書かれた石柱があるのと、地面に江戸日本橋から藤川宿を通り、京都三条大橋まで至っている東海道を表現した石標があります。(ちゃんと数えていませんが、)東海道五十三次の宿場町の数だけ石が埋められており、37番目に「藤川宿」と刻まれた石が埋められています。こういうのも、宿場町ならではのものですかね。
スポンサーサイト



  1. 2019/02/12(火) 18:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<駅前モニュメント658 近鉄弥富駅 「八一三の塔」 | ホーム | 飲料レビュー アサヒビール「クリアアサヒ CLEAR RED」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katabami310.blog.fc2.com/tb.php/1036-01045552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (794)
モニュメントまとめ (16)
鉄道 (65)
飲料 (140)
食いもん (218)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR