fc2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント692 JR紀伊田辺駅 「植芝盛平翁生誕の地」石碑&弁慶像 他

 今回は和歌山県田辺市の玄関である、JR紀勢本線(きのくに線)紀伊田辺駅前のモニュメントを紹介します。

JR紀伊田辺駅 「植芝盛平翁生誕の地」石碑 JR紀伊田辺駅 「植芝盛平翁生誕の地」石碑 裏

 まずは駅舎を出てすぐのところにあるこの石碑。反射して文字の部分が読みにくいですが、「合気道創始者 植芝盛平翁 生誕の地」と彫られています。設置日は1988年(昭和63年)4月26日なのですが、この日は植芝翁の命日であり、田辺市と財団法人合氣会が共同して建立したようです。合気道は知っていますが、創始者については知らない人も多いのではないでしょうか?私は知りませんでした。植芝翁は田辺市の旧・西ノ谷村出身であり、実際に道場を開いたりしたのは他の地域ではあるのですが、地元にいた頃から柔術や剣術を身につけていたようです。自ら武道の形式を作り、全国的に有名なものにするというのは、随分大きな功績かなと改めて感じます。

JR紀伊田辺駅 弁慶像 JR紀伊田辺駅 弁慶像 説明1

 次はもっと有名は人。武蔵坊弁慶の銅像です。弁慶の像は歌舞伎『勧進帳』の舞台である安宅関の近くのJR北陸本線小松駅にもありましたが、こちらは弁慶生誕の地として像が設置されています。弁慶は熊野の別当の子供として生まれ、市内には弁慶井戸や生湯の釜、弁慶松、腰掛石などが遺っているようです。ちなみに像の作者は高岡銅器で像を制作していた彫刻家の米治一氏で、1974年(昭和49年)9月からここに設置されているようです。そういえば、昔は特急「くろしお」では各駅到着時にご当地メロディーが流れていましたが、この紀伊田辺駅はこの弁慶縁の地であったため、「牛若丸」が流れていましたね。ちなみに個人的に弁慶と聞くと、落語「青菜」の最後を思い出します(笑)

JR紀伊田辺駅 イラスト付き時計台 JR紀伊田辺駅 イラスト付き時計台2

 最後はイラスト付きの時計台を紹介します。イラストは熊野本宮大社へ続く熊野古道や、名産の梅が描かれています。梅の木に止まっているのはウグイスですかね・・・「梅に鶯」と言いますから。そしてひそかにゆるキャラのようなものも描かれていますね。「たなべぇ」って・・・まんま弁慶?
スポンサーサイト



  1. 2019/06/11(火) 18:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食いもんレビュー192 中村製菓 チーズあられ | ホーム | 駅前モニュメント691 JR野沢駅 道祖神&詳細不明石碑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katabami310.blog.fc2.com/tb.php/1087-07ec66fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (795)
モニュメントまとめ (16)
鉄道 (65)
飲料 (140)
食いもん (218)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR