FC2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント737 JR二宮駅 「ガラスのうさぎ」&伊達時彰徳碑 他

 この記事に続き、東海道本線を行きます。今回は近場を回るということで、快速の止まらないところを攻めてみました。ということで今回は、神奈川県中郡二宮町のJR二宮駅前のモニュメントを紹介します。

JR二宮駅 ガラスのうさぎ JR二宮駅 ガラスのうさぎ 説明

 ここは南北にロータリーがありますが、紹介するものはすべて南側の内部に設置されています。まずは頭巾をかぶった女性の銅像から。手にガラスの置物みたいなものを持っていますが、タイトルは「ガラスのうさぎ」。作者はJR呉駅の「未来」と同じ、彫刻家の圓鍔勝三氏とのことです。説明書きにもありますが、この銅像は児童文学作家・高木敏子氏が、自身の経験をもとに執筆した『ガラスのうさぎ』という作品をモチーフにしているそうです。高木氏は東京大空襲で母と妹を失い、疎開途中に機銃掃射に遭って父を失ったとのことですが、その機銃掃射を受けた場所がこの二宮駅付近だったそうです。そのようなことをきっかけとして、平和の尊さを後世に伝えるべく、ここの場所に銅像が設置されることになったようです。ちなみに手に持っている「ガラスのうさぎ」は、物語の中では東京大空襲の後に焼け跡から見つかったものとのこと。高木氏の父はガラス工場を営んでいて、そこの作品だったようです。

JR二宮駅 伊達時彰徳碑 JR二宮駅 伊達時彰徳碑 説明

 次は上の銅像の背中越しに設置されている、伊達時という人物の彰徳碑です。設置は1951年(昭和26年)で、二宮町の紹介ページによれば、碑文は徳富蘇峰によって書かれたものとのこと。碑文には人物の功績が書かれているのですが、簡単にまとめると、1849年(嘉永2年)に二宮で生まれ、医師として活躍したほか、衆議院議員として国政にも参加し、二宮駅開設にも尽力した人物とのことです。よくある地元の名士をたたえる石碑という部類のものですね。

JR二宮駅 二宮ライオンズクラブ創立15周年記念 JR二宮駅 二宮ライオンズクラブ創立15周年記念 タイトル

 最後はなんだかよくわからないものですが、さび付いた時計台みたいなものもありました。しかし、時計はどこへいったのやら。上部に鳥みたいな形状のものがありますが、風見鶏みたいなものだったのでしょうか?近づいてみるとタイトルっぽいものだけは残っていました。文字もほとんど消えかけてしまっているのですが、二宮ライオンズクラブの創立15周年を記念して設置されたもののようです。それだけしかなく詳細は分かりません。う~ん、何だったんだろう。老朽化が進んでいるので、道路工事など、何かアクションがあった際に撤去されてしまうかもしれませんね。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/23(日) 03:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<駅前モニュメント738 JR国府津駅 国府津駅開業100周年記念碑 | ホーム | 飲料レビュー 宝積飲料「ENERGY BOMBER」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katabami310.blog.fc2.com/tb.php/1156-b6e4409e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (758)
モニュメントまとめ (16)
鉄道 (65)
飲料 (129)
食いもん (208)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR