FC2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント246 JR西舞鶴駅 「太鼓堂」時計塔&真名井の清水

 今回も西のほうから。JR舞鶴線と北近畿タンゴ鉄道宮津線が乗り入れる、京都府舞鶴市の西舞鶴駅前のモニュメントを紹介します。

JR西舞鶴駅 「太鼓堂」時計塔 JR西舞鶴駅 「太鼓堂」時計塔 説明

 まずは駅前のロータリー中心部に大きく聳え立っている、櫓のようなものです。これは舞鶴の田辺城(舞鶴城)の「太鼓堂」を再現した時計塔です。説明によれば、「丹後田辺に過ぎたるものは 時の太鼓に野田希一」と江戸時代にの馬子唄で歌われたように、朱子学の大家である野田笛浦(希一)とともに、この太鼓堂はこの地域においてシンボルのような存在だったようです。櫓のようなものは新潟県村上市のJR村上駅前にもありましたが、こちらはそれよりも凝ったつくりになっていますね。ちなみに時計塔として建てられているため、正午と17時には太鼓の音が入った音楽が流れるようです。

JR西舞鶴駅 真名井の清水 JR西舞鶴駅 真名井の清水

 次はロータリーの隅っこにひっそりと佇む、「真名井の清水」と題されている湧き水です。飲料水などに利用するためだと思いますが、多くの地元の人がひっきりなしやってきて水を汲んでいました(この画像も人がいなくなってから撮影しようと思っていたのですが、なかなか人が途切れなかったので断念しました。水を汲んでるおじさんのお尻が映っちゃっています・・・)。説明によれば、この「真名井の清水」は奈良時代に編纂された「丹後風土記」に記述があるほど古くから知られているものであり、それには「丹後の最高神・豊受大神が降臨されたときに湧き出した霊水で、清いこと麗しい鏡の如し、日照りにもかれず、長雨にもあふれず、その味甘露の如し、万病を癒す力がある」と記されており、安土桃山時代にも田辺城に隠居し、茶道に造詣が深かった武将・細川幽斎もこの水で茶を飲んでいたそうです。

 ちなみに「真名井の清水」の水汲み場はこの駅前以外にもあるそうです。今回はできませんでしたが、舞鶴をじっくり散策するのも面白そうですね。
スポンサーサイト



  1. 2015/01/20(火) 18:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飲料レビュー サントリー「BOSS とろけるカフェオレ」 通常版VS北海道限定版 | ホーム | 駅前モニュメント245 名鉄りんくう常滑駅 名称不明モニュメント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katabami310.blog.fc2.com/tb.php/411-0180f503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (764)
モニュメントまとめ (16)
鉄道 (65)
飲料 (131)
食いもん (210)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR