FC2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント292 JR御坊駅 「明日へ」

紀州鉄道 キテツ-2号 2014年12月29日

 今回は”リゾートホテルの会社がやってる鉄道”こと紀州鉄道線が乗り入れる、和歌山県御坊市のJR紀勢本線御坊駅前のモニュメントを紹介します。

JR御坊駅 明日へ

 ここの駅前には上の画像のモニュメント(時計台?)が設置されています。なんというか、触手系のようにも見えますし、時計が球でついちゃっているので、マンガ『寄生獣』に出てくるやつに似ている気もします(このマンガ読んだこと無いけど・・・)。

JR御坊駅 明日へ 説明

 ここにはタイトルと説明の記述が有り、それによれば名前は「明日へ」であり、作者は株式会社クリエイティブフォーラムの代表取締役であった、ヴィジュアルデザイナーの岩井珠恵氏とのこと。同社ホームページの作品リストにも、このモニュメントの記載がありました。
 ちなみにこのモニュメントのモデルは、この地で伝説となっている”宮子姫”の黒髪を表現しているのだそうです。説明によれば「宮子姫は御坊(藤田町吉田)九海士の里に誕生され、その美しい黒髪が縁となり、時の帝 文武天皇の妃(婦人)に迎えられ、聖武天皇の生母となられた。民間初の妃となられた宮子姫を、この地の人々はその故事にちなみ、「かみなが姫」と親しくお呼びし、こん日も御坊の誇りとしている」とのこと。一応現在の歴史認識では文武天皇の妃および聖武天皇の生母は、藤原不比等の娘である藤原宮子ということになっていますが、この宮子は不比等の養女であり、出自はこの伝説の通りかもしれないという歴史認識もあり、事実はまだ判明していないようです。今でこそ民間の皇后は普通に見られますが、当時は皇族は同じ皇族か貴族の娘としか結婚できなかったようなので、意外と本当のことかもしれないですね。
スポンサーサイト



  1. 2015/07/10(金) 18:45:06|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<駅前モニュメント293 近鉄四日市駅 「躍進」&萬古焼壁画モニュメント | ホーム | 駅前モニュメント291 東武鶴ヶ島駅 「和」&「仰」 他>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katabami310.blog.fc2.com/tb.php/483-8e38cd74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (758)
モニュメントまとめ (16)
鉄道 (65)
飲料 (129)
食いもん (208)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR