思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント353 伊予鉄平井駅 正岡子規句碑

 次も伊予鉄から。今回は松山市東部の横河原線平井駅前のモニュメントを紹介します。平井は平井でも、総武線ではありませんよ(笑)

伊予鉄平井駅 正岡子規句碑 表 伊予鉄平井駅 正岡子規句碑 裏

 ここにもあったのは松山市駅JR松山駅と同じ、正岡子規の句碑でした。ここに来てようやく私も調べ始めたのですが、正岡子規って松山出身だったんですね。だから松山市内に各所で詠んだ俳句の歌碑が設置されているんですね。ちなみにここの駅前のものはリバーシブルになっており、表(道路側)には「巡礼の 夢を冷すや 松の露」という句が、裏(ホーム側)には「茸狩や 浅き山々 女連れ」という句が書かれています。

伊予鉄平井駅 正岡子規句碑 説明1 伊予鉄平井駅 正岡子規句碑 説明2

 説明としては2つ。設置時のものと思われるミニ石碑と、他の場所の句碑にも設置されている松山市教育委員会のものがあります。ミニ石碑の方には「小野を詠める子規の二句を両面の句碑とす」という記述がありますが、この”小野”というのは昔のここの地名”小野村”のことを指しています。小野村は1961年(昭和35年)に松山市に吸収合併されて消滅してしまいましたが、駅前の農協の支店名(JA松山市小野支店)や学校(小野小学校、小野中学校)などに名前が残っています。教育委員会の説明には各句が詠まれた背景が書かれていましたが、表の句は1891年(明治24年)に帰省していた子規が大田正躬、竹村鍛とともに唐岬、白猪の二滝の見物に出かけた際に、途中の平井町畑中の老松の下で憩い、この句を読んだのだそうです。一方で裏の句は1900年(明治33年)に寝たきりだった子規が、このあたりで開かれていた「松茸市」を題材に、望郷の気持ちを詠んだ句なのだそうです。

 このように地元の内容を取り入れた句があるということで、子規が松山出身であったことをよく理解することが出来ますね。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/26(金) 09:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飲料レビュー 第三の黒ビール比較 「麦とホップ」&「金麦」 | ホーム | 駅前モニュメント352 伊予鉄松山市駅 「城山の浮み上がるや青嵐」歌碑&井上正夫の像 他>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katabami310.blog.fc2.com/tb.php/579-24b641cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (523)
モニュメントまとめ (11)
鉄道 (61)
飲料 (88)
食いもん (139)
俺用メモ (3)
未分類 (8)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR