fc2ブログ

思いつくままに、すらすらと。

思いつくままに、すらすらと何かを書いていきます。ノーコンセプト、かな?

駅前モニュメント593 京成市川真間駅 鏡石&本多貞次郎君之碑 他

 今回は千葉県市川市にある、京成本線市川真間駅前のモニュメントを紹介します。

京成市川真間駅 鏡石 京成市川真間駅 鏡石 説明

 この駅は橋上駅舎となっており、駅の南北に入り口があります。まずは南口の階段を下りたところにある、「鏡石」というものです。1枚目の画像の下部に、窪んだ所に水が入っている石が写っていると思いますが、それが「鏡石」です。説明によれば、この石はもともと、近くの弘法寺から下総国分寺に向う途中の平川に架かる橋の袂にあったもののようです。1836年(天保7年)発行の『江戸名所図会』にも鏡石が出てくるようなのですが、それは水中にあった「要石」だったとか書かれており、その隣に夫婦石があったので、これはその片割れではないかとも言われているようです。夫婦石については・・・文字に起こす気にはならねぇ(笑)。ちなみに「市川 鏡石」で検索すると、市川駅から東北本線鏡石駅までの乗換案内が1番目にヒットするという・・・

京成市川真間駅 骨董品屋跡地前の石標

 次は鏡石の斜め前くらいのところにあったものですが、店舗の跡地の前に石標が設置されていました。お店は既に閉店しているようですが、看板の跡から判読するに、どうやら骨董品店だった模様。しかしこれはそこの商品だったとは言えません。というのも、このあたりはお寺が非常に多く、あちこちに石標が設置されているので、これもその1つであり、もともとここにあったか、駅設置の際に工事区画内にあったものを移設したのではないかと個人的には推測しています。

京成市川真間駅 本多貞次郎君之碑

 次は駅の北口にある、「本多貞次郎君之碑」と題された顕彰碑です。市川市医師会館の敷地に設置されていたので、医療関連の人物の顕彰碑なのかなとも思っていたのですが、本文をよく読むとこの人物が京成電鉄の創業者であることがわかります。京成電鉄創業時は専務取締役でしたが、衆議院議員になった後に、1921年(大正10年)には京成の初代社長になった人物とのこと(あれ、じゃあ創業時は社長なしだったの?)。その後は市川市長になったりと、国府台女子学院の創立援助をしたりなど、方々で活躍したようです。石碑の設置は「大正十一年十月」と書かれているので、社長就任の翌年に設置されたものであることがわかりますね。ちなみにかつてこの駅の北側は京成の中枢部が設置されていた場所であり、最近までこの石碑の横には京成電鉄診療所が設置されていたようです(現在は駐車場になっています)。
スポンサーサイト



  1. 2018/06/19(火) 18:00:00|
  2. 駅前モニュメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食いもんレビュー161  中華そば・つけそば 瓢 中華そば | ホーム | 駅前モニュメント592 JR男鹿駅 なまはげ像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katabami310.blog.fc2.com/tb.php/938-60162b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサー

プロフィール

カタばみ

Author:カタばみ
駅前モニュメントを中心に、思いつくままのネタを取り上げていきます。

駅前モニュメントについてはtumblrでも、過去にブログに書いたものをゆるりと紹介しています。



かうんた

見た人

最新記事

カテゴリ

駅前モニュメント (804)
モニュメントまとめ (17)
鉄道 (65)
飲料 (142)
食いもん (220)
俺用メモ (3)
未分類 (9)
駅中モニュメント? (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR